おでかけ☆チャンス!アベニュー

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/03/21(火) 17:04:42.57 ID:CAP_USER
    no title

    スズキは3月21日、燃料電池2輪車バーグマン フューエルセル」18台がナンバープレートを取得して公道走行を開始すると発表した。

    スズキのミドルスクーター「バーグマン 200」をベースに、水素タンクをフレーム内にレイアウトし、軽量・コンパクトな空冷式燃料電池を搭載。後輪の高出力インホイールモーターによって走行し、これまでのスクーターと同様のスタイルを持つことを特長としている。

    圧縮水素の燃料タンク容量は10L(70MPa)で、強制空冷の固体高分子型燃料電池による定格出力は3.5kW。インホイールモーターの最高出力は4.5kW/7650rpm、最大トルクは23Nm/1870rpmとなり、最高速75km/h、1充填走行距離(60km/h定地走行)は120kmを実現している。

    国土交通省が2016年2月に公布・施行した道路運送車両法の「燃料電池二輪車に関する保安基準」に基づいて車両型式の申請を行ない、2016年8月に型式認定を受けた。3月にナンバープレートを取得した18台のバーグマン フューエルセルは、静岡県、福岡県などに設置された水素ステーションを活用しながら公道走行を実施して、燃料電池2輪車が持つ市場性の確認などを行なう

    詳細 http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1050476.html  

    【燃料電池スクーター「バーグマン フューエルセル」公道試験開始!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/03/21(火) 17:55:51.59 ID:CAP_USER
    no title

    アダルトグッズメーカー・TENGAハイブリッドエナジードリンクTENGA NIGHT CHARGE(テンガ ナイト チャージ)」を発表した。

    TENGAは以前にも「食べられるTENGA」として高純度エナジーゼリー飲料「TENGA MEN’SCHARGE(テンガ メンズ チャージ)」を発売し、そちらも話題を呼んだが、今作は「飲めるTENGA」というわけだ。

    発売日は3月21日(火)より。大手ECサイトやディスカウントショップ、ドラッグストアを中心に順次販路を拡大していくという。

    「飲めるTENGA」世の中の男性をもっと元気に「TENGA NIGHT CHARGE」はエナジードリンクとして、肝臓エキス(100mg)、マカ(100mg)、ウコン(100mg)をトリプル配合。素早くエナジーチャージできる上に飲酒した体にも優しい、ナイトライフの心強い味方となるドリンクになっている。

    TENGAは性生活を豊かにするというビジョンのもと「世の中の男性をもっと元気に、そして応援できる製品を!」という目的て゛本製品を開発したという。

    しかし、年齢や性別を問わずに、夜をアクティブにするために最適なドリンクとなっているそうだ。気になる味のほうは、スハ゜イシーなフルーツフレーハ゛ー微炭酸の刺激的なテイスト。いろいろとみなぎりそうなドリンクだけでに、手に入り次第、試飲レポートも実践したい。デートや飲みの前に効きそうなTENGAドリンク。楽しみでしかない。

    詳細 http://kai-you.net/article/39537  

    【「飲めるTENGA」いよいよ発売へ!夜を元気にするエナジードリンク!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/03/21(火) 20:12:24.15 ID:CAP_USER
    no title

    パナソニックは21日、高級オーディオブランドテクニクス」から、アナログのレコードを聴くことができる音響機器「ターンテーブル」で従来のほぼ半分の価格にした新製品を発売すると発表した。最近は若者層の間でもレコードの人気が高まっていることに対応した。新開発のモーターで振動を減らし音質の高さは維持させた。発売日は5月19日で、販売価格は税別で14万8000円

    新商品のターンテーブルは「SL―1200GR」。年間1200台の生産を計画している。5月以降、専用のトレーラーを用意して各地を回る販促イベントを実施する。トレーラー内でターンテーブルを含めたテクニクスブランドの全機種の試聴などができるようにする。同ブランド担当の小川理子役員は「(ターンテーブルなど)機器を実際に使ってもらうことで若者らに(音質などの)良さを知ってもらいたい」と指摘する。

    ターンテーブル以外に、デジタルアンプやスピーカーシステムなどの新商品なども発売する。

    詳細 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ21IAX_R20C17A3TI5000/  

    【ブーム再来か!価格を半額に抑えた高音質レコードプレーヤーが発売される!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/03/19(日) 20:08:10.42 ID:forQ1eXI0 BE:748032719-2BP(6777)
    no title

    福島・喜多方市の老舗繁盛店「坂内食堂」を本店に持つチェーン店「喜多方ラーメン坂内」は、今年も「春の喜多方ラーメン祭」と称して、3月23日(木)から3月26日(日)まで、順次各店舗2日間限定で、「喜多方ラーメン」を390円で販売する。

    今年で12回目を迎える「春の喜多方ラーメン祭」。手作りチャーシューを5枚盛ったシンプルな美味しさの「喜多方ラーメン」(650円)を、感謝価格の390円で提供する。

    本店「坂内食堂」の味を受け継ぐ、チェーン誕生から変わらない味へのこだわりが特徴の同店。チェーン店でありながら、セントラルキッチンは使わず、各店舗で毎日、一日に数回に分けて仕込んでいる“手作りチャーシュー”を5枚盛っている。見た目はチャーシュー麺と間違われるほどのチャーシューの量だが、口に広がる特製醤油の風味と柔らかさで、年齢問わず人気の一品だ。

    また、水分を多く含んだ平打ち熟成多加水縮れ麺を使用。しっかりと茹で上げることで、モチモチの食感と“コシ”が生まれる。さらに、特製の醤油ダレと合わせた透き通ったスープは、コクのあるあっさり味だ。

    それぞれの店舗の開催日は、同店ホームページから確認できる。焼豚・麺・スープが一体となったシンプルなラーメンは“毎日でも食べられる、飽きの来ない味”。“手作り”にこだわったラーメンを、お得な価格で楽しもう。

    no title

    no title

    no title

    ソース  http://www.walkerplus.com/article/104065/

    【お前ら急げ!春の喜多方ラーメン祭開催!チャーシュー5枚の喜多方ラーメンが390円に!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/03/20(月) 09:44:43.38 ID:CAP_USER
    no title

    学生は家賃3万円台で本郷界隈に住むチャンス!

    書生」という言葉を聞いたことがあるだろうか。明治時代や大正時代、大学に通うために都心の親戚や知人の家に間借りし、家事などを手伝いながら勉強に励んでいた学生のことをいう。単身者用のアパートなんてない時代、地方出身の学生の多くがそうやって大学時代を過ごした。

    東京大学」もあり、かつては「書生の街」でもあった本郷で、21世紀版の「書生」になれるプロジェクトが進行中だ。その名も本郷書生生活。気になるその暮らしについて見てみよう。

    なぜ今「書生生活」なのか

    学生と街、両方のニーズにマッチ

    地方の若者が都心の大学に通うための手段であった「書生」を現代に復活させたのが、この「本郷書生生活」。その中身を覗いてみると、学生と街、どちらにもハッピーなシステムだった。

    まず学生にとって、大学の近くに暮らしたくても家賃の問題があったりとハードルは高い。しかも本郷となると都内でも一等地、なおさらだ。一方で、本郷界隈には空き部屋がどんどん増えているという現状がある。それならばと、まちづくりNPO・街ing本郷が安く住みたい学生と空き部屋を持っている大家さんをつなぐプロジェクトとしてはじめたのが「本郷書生生活」なのだ。

    もう一つの地元ができる


    「書生」というからには、ただ借りるだけではない。昔の書生は貸主の手伝いをしていたようだが、地域の活動に参加するなど街とゆるく関わりながら生活するスタイルが現代の書生。その声を聞いてみると、みんな本郷を第二の地元のように感じている様子だ。

    書生が入居することになるのは、本郷の木造アパート。昭和な雰囲気がたまらない。リフォーム済みなので、住みやすさは問題なさそうだ。

    古家具を配置して昔の書生のように暮らしても粋だし、インテリアでガラッと雰囲気を変えてみるのも腕の見せ所。何より東京の一等地に3万円台で住めるのだから、学生にはうれしい。

    地域との交流もいつしか楽しみに

    学生時代にひとり暮らしをした街、そこに暮らす人々のことをどのくらい知っているだろうか。友達を呼ぶことはあっても、街の人たちとの交流はないまま引っ越してしまったという人が多いだろう。

    書生になると、地域の活動に参加できる。町会の祭りやイベントの手伝い、講習会の企画など、街で暮らす人々と何かを共有することで得られる体験こそ書生生活なのだ。お祭りのかき氷屋さん、銭湯のイベント、車いすユーザーとの神社散歩……なんだかみんなとてもいい笑顔をしている。

    地域とともに暮らすというライフスタイル

    レトロだけど新しい、地域とともに暮らすというライフスタイル。一度しかない学生時代、東京の一等地で「書生」として暮らしてみるのもいいかもしれない。気になる学生さんは、本郷書生生活の物件情報ページをチェックしてみよう。

    - See more at: https://www.roomie.jp/2017/03/376668/#sthash.3pNSU6cI.dpuf

    no title

    no title

    【学生は家賃3万円台で東京に住むチャンス!文京区で「書生」が復活。】の続きを読む

    このページのトップヘ