おでかけ☆ちゃんす!アベニュー

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    sushiro

    1: 夜更かしフクロウ ★ 2015/01/28(水) 19:55:02.82 ID:???.net
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ26IHL_W5A120C1TI0000/

     回転ずし最大手のあきんどスシロー(大阪府吹田市)は29日、回転レーンがなく「皿が回らない」すし店を東京・目黒に開く。
    1貫の価格は100~500円前後(税別)にし、定番メニューが1皿100円(同)の従来店「スシロー」に比べて高級感を出した。
    一口サイズのロールずしや、トッピングできるすしもメニューにそろえ、女性客の需要を狙う。

     新店「ツマミグイ」の店舗面積は150平方メートルで、従来店の約半分。
    卓上のタブレット(多機能携帯端末)で注文する。
    すしのほか、サラダ(480円~)やローストビーフ(1050円)、ボトルワイン(3500~1万2000円)も出す。
    一般的に回転ずしの客単価は1000円前後だが、同店ではアルコールも含め夜は4000円前後を見込む。

     年内に東京都内の主要駅前に数店を開き、その後は大阪などでの展開も見込む。
    スシローの店舗数は約380店あるが、東京都内の約20店の多くは郊外。
    面積が小さく高単価の新業態で手薄な都心部を開拓する。


    関連スレッド:【外食】かっぱ寿司の逆襲が始まった。1、2年後にはスシローを抜いて回転寿司のトップにつく可能性も
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1422254534/l30

    【【ニュース】「回らない」スシロー、1貫100~500円 女性客需要狙う】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 夜更かしフクロウ ★ 2015/01/29(木) 00:28:11.08 ID:???.net
    sky-minji

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150128/k10015045771000.html

     平成10年に航空業界に新規参入し、当時寡占状態だった航空業界に風穴を開けた「スカイマーク」は
    業績の急速な悪化によって経営に行き詰まり、28日夜、裁判所に民事再生法の適用を申請しました。
    スカイマークは当面運航を続けながら、裁判所の管理の下で再建を目指すことになります。

     国内3位の航空会社、スカイマークは円安による燃料費の増加や格安航空会社との激しい競争などによって経営が急速に悪化し、
    今年度の最終的な損益が、過去最大の136億円の赤字に陥る見通しとなっていました。
    こうした状況のなか、スカイマークは必要な資金を得るため、航空機の関連機材を売却したり、
    国内や海外のファンドに出資を求めたりしていました。

     しかし、搭乗率の低下になかなか歯止めがかからずに経営に行き詰まったため、
    スカイマークは28日夜、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請しました。
    負債総額は、710億円余りだということです。

     また、西久保愼一社長が経営悪化の責任を取って辞任し、取締役の有森正和氏が社長に就くことも決めました。

     国内の航空会社の経営破綻は5年前の平成22年に会社更生法の適用を申請した日本航空以来です。

    スカイマークは当面運航を続けながら、裁判所の管理の下で再建を目指すことになり、
    今後、必要な手続きを経たうえで、国内のファンド「インテグラル」から資金面の支援を受けるとしています。

     スカイマークは規制緩和による新規参入の航空会社第1号として平成10年に羽田と福岡を結ぶ路線に就航し、
    安い料金などによって大手による寡占状態だった航空業界に風穴を開けました。
    現在は27の路線を運航しています。

     しかし、格安航空会社との競争で収益が悪化し、
    対抗措置として打ち出した航空機の大型化で、かえって搭乗率の低下を招きました。
     また、世界最大の旅客機を購入する契約の見直しを巡って去年、
    ヨーロッパのエアバスから巨額の違約金を要求されるなど、厳しい経営が続いていました。
    最近では全日空と日本航空のライバル大手2社との共同運航を目指すという航空業界では異例の交渉を進めていましたが、
    その実現を待たずに経営が行き詰まりました。

    【【ニュース】スカイマーク 民事再生法の適用を申請!】の続きを読む

    このページのトップヘ