おでかけ☆チャンス!アベニュー

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/05/25(木) 10:12:50.24 ID:CAP_USER
    no title

    クローバーラボは5月24日、男性向けのブランド腕時計レンタルサービス「KARITOKE(カリトケ)」の事前予約受付を開始すると発表した。サービス開始は6月中を予定しているという。なお、同社は2016年4月から男性向けファッションレンタルサービス「leeap(リープ)」を提供している。

    KARITOKEは、ブランド腕時計を低価格でレンタルできるサービス。会員登録後、インターネットから好きな商品を1点選ぶと、自宅に届けてくれる。返却期限はなく、通常使用での汚損・破損による追加負担はないという。また、サービス開始に合わせて実店舗(大阪市中央区南船場4-7-42階)もオープンするため、実際に商品を試着して選ぶことも可能だ。

    プランは料金によって商品のランクが変わる4種類を用意しており、「カジュアルプラン」が月額3980円、「スタンダードプラン」が月額6800円、「プレミアムプラン」が月額9800円、「エグゼクティブプラン」が月額1万9800円となる。いずれも税別価格。

    同社によると、現在の日本におけるブランド腕時計の市場は6000億円規模と大きい一方で、「値段の高さ」や「メンテナンスの負担」などから、ブランド腕時計に興味があっても購入するハードルが高いといった課題が存在しているという。腕時計に興味がある人への意識調査でも、「欲しい腕時計の価格が高すぎて手が届かない」と半数以上が回答しており、同社ではそのようなターゲットに対して一定のニーズがあると想定している。

    詳細  https://japan.cnet.com/article/35101396/

    【【新時代】ブランド腕時計をレンタル「KARITOKE」なんと月額3980円から!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/05/23(火) 12:36:01.66 ID:DPc9HHv20● BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典
    no title

    がしゃーん! がしゃーん! 水中ドローンだよ。水中で撮影ができるすごいやつだよ。「PowerRay」は4K画質の水中動画、1200万画素の静止画撮影を行えるカメラを搭載した水中無人機(ドローン)

    ・4時間まで連続使用可能きたあああ!!

    なんと言ってもこのドローンの利点は水中30mまで潜ることができること、iOS/Androidアプリで見ながら有線コントローラで操縦できること。速度は3段階で、最速だと2m/秒と早く、4時間まで連続使用可能だ。ちなみに30mはマンションの10階に相当。

    ・VRゴーグルで海中の様子をリアルタイム散歩

    またドローンが撮った画像をスマホやiPad、PCで見ることはもちろん、撮ってSNSに投稿も可能。VRゴーグルで海中の様子をリアルタイムで見られるので、海中散歩気分が楽しめるだけでなく、魚群探知機により、魚のいる場所へドローンが移動してくれる。

    ・魚群探知ユニットや釣り餌投下機も!!
    つまり海中写真を撮りたい人や、レジャー用、釣り好きな人にぴったりというわけだ。海で落し物をした時にもドローンが見つけてくれるかも。気になるお値段は、最も安いも基本セット「Expolor」が168000円(税別)、魚群探知ユニットや釣り餌投下機、有線ケーブルやVRグラスがセットになった一番高価格なモデル「Wizard」が218000円(税別)と3クラス。

    ちなみに水中深く潜るので、製造に当たり重力のバランスや防水性、水圧をどうするかが課題だったそうだ。ぬるぽな事態にならないよう、しっかり考えられて作られているのだ。

    ・アンコウのような魚群探知機
    水の中で、ころんとしたフォルムのドローンが水をぴゅっと吐き出したり、アンコウのような魚群探知機を垂らして動き回る姿は、なんともかわいい。氷点下の海など、とうてい人間が泳げないシーンでもドローンなら楽らく!美しい珊瑚や魚たち。

    ……まだ誰も見たことのない深海の魅力に出会えるかもしれない。行こうぜ、ピリオドの向こうに。

    詳細  http://buzz-plus.com/article/2017/05/23/powervision-powerray-drone/

    no title

    no title

    no title

    https://youtu.be/e4XRjbph4qo


    【【革命】水中ドローン発売決定キターーー! VEゴーグルで水中散歩も可能(笑)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/05/22(月) 16:43:56.47 ID:CAP_USER
    no title

    スマホからとくとくと注がれる、熱いコーヒー。CGでも何でもなく、現実の光景だ。ナポリのITスタートアップsmart kが開発したのは、エスプレッソメーカーになる携帯電話ケースmokase」。使い捨てのカートリッジと専用アプリによって、どんな場所でも気軽に極上のエスプレッソを味わうことができる、レアでユニークなプロダクトだ。

    no title

    ケースは完全防水性で、内部は液体を適温に保つ機構。コーヒーを作る際は、側面のスリットに独自開発のカートリッジを挿入する。カートリッジ内には、真空化されたコーヒーが入っており、挿入の衝撃とともに膜を破壊し、液体がケース内へ解放される仕組みだ。カートリッジは特殊な構造で、約3か月間は内部の鮮度を保つようになっている。

    コーヒーの加熱も、ケースの中で行われる。加熱時間は、約5~8秒。温度は、アプリで手軽に調整可能だ。ケースの素材はアルミニウムシリコン合金抵抗器なので、スマホ本体に熱が伝わる心配はない。一度にできる量は、25ミリリットル。本場イタリアらしく味は本格的で、フレーバーもクラシック、トースト、アラビアの3種類が用意されている。

    no title

    外出先で手軽に抽出できるよう、携帯に便利なミニカップも開発されている。いちいち紙コップやマイポットを持ち歩かなくて済むのもうれしい。samsung、huwawei、LGの各種スマートフォンおよびiPhone 6、6Sと7、alonsと、機種の互換性も幅広い。

    出荷予定は、今年の9月。肌寒くなる前に、"スマホコーヒー"を味わいたいものだ。

    詳細  http://www.fashionsnap.com/the-posts/2017-05-20/mokase/

    【なんと!エスプレッソメーカーに早変わりする携帯電話ケース「mokase」登場!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/05/22(月) 21:19:53.45 ID:qgncxBwn0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    no title

    第89回アカデミー賞8部門にノミネートされた「メッセージ」(公開中)とスナック菓子「ばかうけ」のコラボポスターが、公開された。「ばかうけ」を製造・販売する株式会社栗山米菓公認となり、栗山敏昭社長も感激のメッセージを寄せている。

    プリズナーズ」「ボーダーライン」で知られ、「ブレードランナー 2049」(10月27日公開)も控えるドゥニ・ビルヌーブ監督が、米作家テッド・チャン氏の短編小説「あなたの人生の物語」を映画化。言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)が、巨大な飛行体でやってきた知的生命体「ヘプタポッド」とコンタクトを図り、生命体が発する“メッセージ”の解読に挑む。

    半月型の飛行体のデザインが日本のファンを中心に「ばかうけにそっくり」と話題になり、ビルヌーブ監督自身が「ご推察の通り、宇宙船のデザインは“ばかうけ”に影響を受けた。本当だよ」と宣言する(実際には、太陽系を公転する実在の小惑星エウノミアがモデル)など異例の盛り上がりを見せているが、満を持しての公式コラボレーションといえる。

    ポスターでは、飛行体がばかうけに変わっているだけではなく、「ある日突然、巨大ばかうけが地球に。その味は不明」「彼らは人類に何味を伝えようとしているのか?」とキャッチコピーまでもばかうけ仕様に変更されており、随所に遊び心が発揮されている。全世界では興行収入2億ドルが目前となり「おかげ様で“ばかうけ”大ヒット!」と商品名にかけた文字が躍っている。

    栗山社長は「ネットでの話題を聞きそのビジュアルを見たとき、私の目から見ても“ばかうけ”にしか見えず、他人事だとは思えない運命的なものを感じました」と語り、ビルヌーブ監督についても「今ハリウッド映画界をけん引する注目監督に“ばかうけ”を愛していただけるなんてとても光栄です」と感謝を述べている。

    「メッセージ」×ばかうけ“公式”コラボポスター完成!販売会社社長「運命感じた」

    詳細 http://eiga.com/news/20170522/19/

    【何故だwwwアカデミー賞8部門にノミネートされた「メッセージ」と「ばかうけ」が謎コラボ】の続きを読む

    このページのトップヘ