2015年01月

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    skydaown

    1: Hi everyone! ★ 2015/01/22(木) 01:40:57.00 ID:???.net
     国内航空3位のスカイマークは3月29日から、普通運賃を平均で約9%値下げすると発表した。経営難のため昨年10月に平均約28%の
    値上げをしたところだが、客離れが起きたため転換した。日本航空、全日本空輸との羽田発着便での共同運航は、3月末から始める方向で
    調整している。

     値下げするのは、国内24路線のうち19路線。羽田―福岡は4%下がり2万5900円、羽田―那覇は17%下がり2万8900円となる。
    また、4月と5月の日曜日に限って、全路線の普通運賃を5千円~1万円にするサービスも始める。昨年12月の搭乗率は54・5%で、
    12月としては9年ぶりに50%台に落ち込んだ。

     共同運航は羽田発着の5路線で日航、全日空の両社と行う。この日に記者会見した日航の植木義晴社長は「3月に始められるよう工夫
    している」と話し、全日空広報も「前向きに調整している」とした。

    ソース(朝日新聞) http://www.asahi.com/articles/ASH1P53PLH1PULFA019.html

    【【ニュース】スカイマーク、運賃を値下げ、客離れで方針転換…羽田―福岡は4%値下げ、羽田―那覇は17%値下げ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Hi everyone! ★@\(^o^)/ 2015/01/22(木) 00:18:55.65 ID:???.net
     中国経済の発展や海外旅行規模の急速な拡大にともない、中国人観光客が世界の人気観光地から引っ張りだこになっている。まもなく
    春節(旧正月、今年は2月19日)を迎えることから、隣国の日本と韓国でも中国人観光客の争奪戦がすでに始まっている。中国中央テレビ
    (CCTV)が伝えた。

    ■ビザ発給要件の緩和や有効期限延長で2015年日本旅行を計画する人が激増

     19日、日本は中国人向けビザ(査証)政策をさらに進め、中国人観光客が訪日する際のビザ発給要件をさらに緩和するとともに、有効期限も
    延長した。

     アナリストによると、円安が大幅に進んだことで、中国では2014年に日本旅行ブームが起きたが、今回の中国人のビザ発給要件の緩和により、
    日本へのディープ旅行や複数回旅行ブームをさらに呼び起こすだろうという。

    ■ハードウェアに力を入れ、4つの免税店を新設

     中国人観光客を取り込むべく、韓国も攻勢を強めている。

     韓国は、中国人を含む外国人観光客の増加にともなって生じた客室不足の問題を解決するため、2017年までに観光ホテルの客室を5000室
    追加供給する計画を立てている。このほか、全国で4つの免税店が新たに開設される。

     韓国のメディアは、韓国文化観光研究院が7日に発表した統計によると、韓国が2015年に受け入れる外国人観光客は1600万人を超え、
    その約半数を中国人が占める見込みだと伝えた。

    ■日本メディア 「日韓は、中国人観光客の争奪戦を展開している」

     産経新聞は韓国について、「訪韓する中国人観光客が増加するとともに、日本人観光客が減少している。そのため韓国は、日本人観光客の
    減少を、中国人観光客で穴埋めしようとしている」として、「日本と韓国は中国人観光客をめぐって、激しい争奪戦を展開している」と伝えた。

    ソース(人民網) http://j.people.com.cn//n/2015/0121/c94473-8839090.html
    写真 no title

    【【ニュース】日韓による中国人観光客の争奪戦…日本はビザ発給要件の緩和や有効期限延長、韓国はハードウェアに力、4つの免税店を新設】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2015/01/21(水) 23:23:22.57 ID:???0.net
    葛西臨海水族園(東京都江戸川区)で、昨年12月まで165匹いたマグロが大量死、現在3匹になっている。
    マグロの価格は30kg程度のもので約20万円から30万円、全滅した場合の被害額は数千万円規模と予測される。
    そんな災難続きの同水族館を応援する一つの方法が、ここの名物マグロ料理に舌づつみを打つことだ。

    ■水族園の新鮮マグロ料理が美味い

    同園内の食堂「シーウィンド」の名物料理には、新鮮なマグロを使った「まぐろカツカレー」(830円)、
    「まぐろカツ丼」(830円 みそ汁付き)、また「マグロ竜田」の入った「おつまみセット」などがある。

    ■「海の牛肉」力強い味わい

    「ここの料理のマグロ肉は、どれもシーチキンどころかシービーフと言っていい程、ワイルドな味わい。
    密度の濃い、獣肉のような身が特徴的です」(グルメライター)

    というので、筆者も早速行って食べてみたのだが、たしかにまるで動物の肉のような味わいがある。
    注文したのはカツ丼とおつまみセットだ。

    ■大量死はねかえす生命力あふれる味わい

    どちらに入っているマグロ肉も、以前アメリカのドライブインで食べた赤身肉のステーキのよう。
    がっちりとして噛み切るのに力を要する。そして噛みしめるほどに“海獣”的な風味がして、
    高スピードで海を泳ぎまわるマグロの生命力を感じさせる。

    ■豚肉よりも高級な逸品

    またたっぷりの甘辛ダシで、熱々の半熟玉子でとじられたカツ丼もいい味だ。
    部位によっては豚肉よりマグロの身の方が高いわけだから、実に贅沢な逸品。

    筆者はカツ丼にしたが、食堂内を見ていると、まぐろカツカレーの人気が高いようだ。
    この力強い魚肉のカツ、たしかにカレーとよく合いそうだ。

    大量死したマグロを弔うことにはならないだろうが、
    大損害を被ったであろう同水族園の収益に助力となるだろう。

    ■大量死したマグロではないので安心

    また、このマグロは新鮮と言っても、同水族園で死んだものや、
    泳いでいるものを捕獲して解体したものではないので、安心して食べて欲しい。

    ここで死んだマグロは肥料などにされているが、今回は病理的検査が行われており、
    本日の発表によれば、脾臓からウィルスが見つかりそれが大量死に関係しているのではないかという。

    ちなみに食堂以外でも「マグロチップス」といったみやげ品が売られているので、そちらもぜひ。

    no title

    no title

    no title

    no title


    参照/葛西臨海水族園内シーウィンド
    文/高野景子
    http://mogumogunews.com/2015/01/topic_9599/

    【【ニュース】マグロ大量死の水族館で「マグロ食べて応援」 カツカレー、カツ丼、竜田揚げが人気!】の続きを読む

    このページのトップヘ