2018年05月

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2018/05/30(水) 04:45:40.066 ID:KDg0E0GE0
    banban

    banban2

    インスタント焼きそばを作るとき、ふたの裏に付いたキャベツを無駄にしたくない。そんな問題を解決する商品が生まれた。その名も“キャベバンバン”。この話題になっている商品を取材した。 

    ふた裏についたキャベツをたたいて落とす装置“キャベバンバン”。試作品は白色だが完成品は赤になる。構想1年、製品化に半年かかった。 

    年間4トン以上がふたの裏についたまま捨てられるという日清食品のインスタント焼きそばのキャベツ。食品ロスをなくすことが目的だ。 

    インスタント焼きそばを“キャベバンバン”にセットしてお湯を注ぐ。温めるためソースを置き“キャベバンバン”のふたをかぶせて、穴に突起をはめ込み回転してホールド。

    3分待って湯切りをしてから、ゴムの弾性を利用しバンバンと2回。全体が持ち上がらないように持ち手がしっかりしたデザインにした。繰り返し行った実験の結果、81%のキャベツを食品ロスから救うことができるという。 

    日清食品マーケティング部・ECグループ渡邉真さん「その課題に正面から向き合ってつきつめていくと、こういうことで課題の解決ができるのではないか」 

    価格は4980円(税込み)。クラウドファンディングで5月31日の午前10時までに1000個以上の受注があれば商品化される。 
    http://www.news24.jp/articles/2018/05/28/06394391.html

    【【日清】カップ焼きそばのフタ裏のキャベツを落とす装置「キャベバンバン」登場!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2018/05/30(水) 17:47:04.31 ID:LOxAJrmL0
    no title

    【【戦争】松屋さんがついに中華料理チェーン店を潰すメニューを出してしまう... 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2018/05/28(月) 23:51:36.92 ID:YVSUtpUL0● BE:472367308-PLT(16000)
    no title

    no title

    関東地方に住む普通の天下一品マニアやラーメン評論家は、高円寺店や神楽坂店を絶賛する傾向にあるという。

    その理由はシンプルで、その2店舗が天下一品本部の直営店だからである。確かにその2店舗は特に美味しいし、伝統の味をしっかりと堪能できる良い店だ。

    ・真の天下一品マニアの間で絶大な支持
    しかしながら「真の天下一品マニア」は、その2店舗ではなく違う店に通っている事実がある。そう、五反田店が真の天下一品マニアの間で絶大な支持を得ているのである。それにはしっかりとした、誰にでもすぐに理解できる理由がある。

    ・五反田店のスープが超こってりだと評判
    五反田店が絶賛されている理由はひとつ、「他店よりもスープが濃厚」だというのだ。

    事実、インターネット上に書かれているレビューを読んでも、五反田店のスープが超こってりだと評判であり、複数の人たちがあえて「五反田店」に出向いている。

    (以下略)

    全文と写真は以下ソース
    http://buzz-plus.com/article/2018/05/26/tenka-ippin-kotteri/


    【【極上グルメ】天下一品マニアが絶賛する関東最強店はここだ!!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2018/05/29(火) 12:35:11.32 ID:pXxk7OYf0 BE:273822876-PLT(12000)
    no title

    高橋留美子「うる星やつら」とサンキューマートとのコラボグッズが、6月1日より販売される。

    コラボグッズにはポーチ3種、キーホルダー2種、缶バッジセット2種、コンパクトミラーがラインナップ。 ポーチはスクエア型、シェル型、台形でそれぞれ異なるデザインがあしらわれ、ハート形のコンパクトミラーは、ピンクの背景に大きくラムの顔がプリントされたキュートな仕上がり。缶バッジセットにはラムとテンがセットになったものも用意された。

    全国のサンキューマートの店舗およびWebショップで販売され、価格はいずれも421円。なお、追ってパスケースも発売される予定だ。

    「うる星やつら」コラボグッズ、390円均一のサンキューマートに初登場 
    2018年5月28日 22:15 コミックナタリー 
    https://natalie.mu/comic/news/284123 

    《生誕40周年!》一大ブームを巻き起こし、今もなお愛され続ける高橋留美子原作「うる星やつら」がついにサンキューマートに登場!
    サンキューマート 2018年5月28日 17時30分 PR TIMES
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000079.000002319.html

    【「うる星やつら」生誕40周年コラボグッズ販売!!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2018/05/30(水) 02:08:37.45 ID:CAP_USER9
    no title

    no title

    ◆今年の屋台で流行しそうな「点滴ジュース」

    このところ気温もグングン上がり、本格的な夏祭りシーズンの到来が近づいてきたことを実感する。祭に欠かせないのが屋台。たこやきや焼きそばなどの定番屋台のほかに、毎年流行の屋台が登場し、訪れる人を楽しませてくれている。昨年は電球の中に飲料が入った『電球ソーダ』が大流行した。

    「いまや屋台の流行も“インスタ映え”することが絶対条件になっています。そこで今年の流行の本命とされているのが『点滴ジュース』です。昨年の秋ごろから関東のカフェでも取り扱うようになり、若い女性たちにウケています。見た目のインパクトも大ですし、一般層をどれだけ巻き込むことができるかが、ブレイクするかどうかのポイントとなるでしょう」(トレンドウオッチャー)

    昨年の電球ソーダに続いての“変わり種飲料”だが、果たして2匹目のどじょうになるだろうか。

    ■もしかしたら炎上する可能性も?

    「夏といえばノドがかわくので、原価の安い飲料を売りまくるのが一番もうかります。しかし、ジュースの自動販売機はどこにでもあるので、いかにインスタ映えする容器とセットで売るかが頭の使いどころなのです。

    一度火がついてしまえば皆がSNSにガンガン投稿し、勝手に宣伝してくれるわけですから、これほどありがたいことはありません」(同・ウオッチャー)

    しかし、この点滴ジュース、お年寄りが飲んでいるところを想像すると、ちょっとしゃれにならない絵面になってしまうかもしれない…。

    最近はわずかでも問題となる要素があるとSNSで炎上騒ぎになる傾向があるので、良識派の人々から「点滴なんてけしからん!」などと糾弾されないといいのだが…。

    まいじつ 2018.05.26 19:00
    https://myjitsu.jp/archives/52418

    【【話題】今年の屋台で流行しそうな「点滴ジュース」知ってる???】の続きを読む

    このページのトップヘ