ニュース

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/11/20(月) 02:52:21.64 ID:f7uQBUNc0● BE:264168779-2BP(2000)
    no title

    no title

    no title

    no title

    有名ブランド ”ティファニー” が、1000ドル(約11万円)で販売している「只の空き缶」がさすがにぼったくりだと話題のギャラリー。ティファニーのロゴは入っている様子。 

    【【謎】有名ブランド ”ティファニー” が11万円で「空き缶」を売ってしまう・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/11/21(火) 10:28:41.63 ID:CAP_USER9
    no title

    ケンタッキーフライドチキンが公式グッズとして販売している、「インターネット避難ポッド」が話題を呼んでいる。

    この「インターネット避難ポッド」は、カーネル・サンダースの長~い手足に抱かれている、テントのような形状のステンレスメッシュ製ポッド。大きさは大人4人とフライドチキンのバレルが入ることができるほど、お値段は約112万円、中は何もない空間になっている。

    no title

    no title

    no title

    no title

    そのコンセプトは、もうすぐ始まるホリデーシーズンのセール開始日(サイバーマンデー)を前に、さまざまな企業・ブランドがネットクーポンやネット広告を強化し、氾濫してている状況から“避難する場所”ということのようだ。

    値段からして本気で売っている商品とは考えにくいが、カーネル・サンダースの独特の姿は強烈なインパクトを放ち、広告としては耳目を集めることに成功。多くの反響を得ることになった。

    ネットでは
    「狭い密室でフライドチキンを食べると匂いが充満しそう」
    「本当にネットが遮断できるなら買う人多いだろうに」
    「鳥かごの中にいる気分も味わえそう」
    「ちゃんとした値段なら買う人いたかもしれないのに」
    といった反応が上がっている。

    100万円超のケンタ公式“ネット避難”グッズ 
    2017/11/20 10:14 
    http://www.narinari.com/smart/news/2017/11/46721/ 

    【www狂気wwwカーネルサンダース“インターネット避難ポッド”が話題に !】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/11/20(月) 16:16:12.90 ID:CAP_USER9
    no title
    「日清焼そばU.F.O.ビッグ×中間管理録トネガワ」キャンペーン告知ビジュアル

    no title
    黒服と利根川幸雄がデザインされた限定パッケージ。 

    福本伸行協力、萩原天晴原作、橋本智広・三好智樹作画「中間管理録トネガワ」と、日清食品グループの「日清焼そばU.F.O.ビッグ」によるコラボキャンペーンが11月下旬より開催される。

    キャンペーンでは利根川、帝愛グループの会長・兵藤和尊、黒服をデザインした特別パッケージの「日清焼そばU.F.O.ビッグ」を4種類展開。同商品のフタに記載されているアクセスコードを特設サイトで入力すると、本企画のために描き下ろされた「中間管理録トネガワ」の新作、または既存のエピソード2話分を24時間限定で読むことができる。なおアクセスコード入力の締め切りは、2018年3月30日17時まで。

    月刊ヤングマガジン(講談社)にて連載中の「中間管理録トネガワ」は、「賭博黙示録カイジ」に登場する利根川幸雄を主人公に据えたスピンオフ作品。2016年の「このマンガがすごい!2017」では、オトコ編の第1位に輝いた

    「中間管理録トネガワ」デザインの焼そばU.F.O.登場!描き下ろし新作も読める 
    2017年11月20日 14:00 コミックナタリー 
    http://natalie.mu/comic/news/257458 

    【新作も読める!圧倒的コラボ!「中間管理録トネガワ」デザインの焼そばU.F.O.登場!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/11/20(月) 10:38:32.42 ID:CAP_USER9
    no title

    「怖い絵展」行列最後尾。延々と続いている

    東京・上野の森美術館で開催中の「怖い絵展」が空前の人気となっている。美術ファンだけでなく、10~20代も訪れ、平日でも1時間半待ち、土日は2時間待ちの行列ができ、最高3時間半待ちになっている。16日から開館時間を午後8時まで延長したが、行列は縮まらず、この秋一番の話題の東京国立博物館の特別展「運慶」を上回る人気ぶりだ。

    kowaieten

    真冬並みの寒気が入った19日も、上野公園には長蛇の列ができた。最後尾に「現在120分待ち」のプラカード。40分待ちの「運慶」の3倍になった。

    怖い絵展」というネーミングから訪れる人も多いが、見るからにおどろおどろしいスプラッターではなく、「絵に隠された物語を読み解いていくと、戦慄(せんりつ)が走り、怖さが浮かび上がってくる作品」(企画した産経新聞文化事業部・藤本聡部長)だ。

    背景や隠された意味を知った若い世代がSNSで「面白い」「絵の見方が変わった」と伝え合ううちに火が付いた。美術展では珍しく、入館者の半数以上が30代以下だ。

    展示されているのは、18~20世紀初めの欧州作品約80点。日本初公開の「レディ・ジェーン・グレイの処刑」は夏目漱石がロンドン留学中に見て衝撃を受け、短編小説「倫敦塔(ろんどんとう)」に「余の洋袴(ズボン)の膝に二三の血が迸(ほとばし)ると思った」と書いた作品だ。

    イングランド初の女王となったジェーン・グレイは9日でその座を追われ、16歳4カ月で処刑される。純白のドレスのジェーンは目隠しされ、首を置く台を手探りしている。ギロチンはまだ発明されておらず、傍らには大きなオノを持った死刑執行人が立つ。床に敷かれたワラは、残酷な最期を迎える清楚(せいそ)な少女の血を吸わせるためと知ると、恐怖は増す。

    「怖い絵展」空前人気3時間半待ち 30代以下多数   11/20(月) 9:51配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00057366-nksports-soci 

    【「怖い絵展」が空前人気で3時間半待ち!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/11/20(月)11:22:21 ID:zgD

    【これで出世間違いなしだゾ!ファミマの「忖度御前」が使えそう!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ