乗り物

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/04/17(月) 21:43:05.08 ID:ooyJizxN0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    no title

    ブリヂストンとブリヂストンサイクルは4月17日、空気が不要な自転車用タイヤを開発したと発表した。2019年の実用化を目指す。

    空気入れを不要にする独自技術「エアフリーコンセプト」の実用化に向けた取り組みの1つ。特殊形状の樹脂製スポークで荷重を支えることで空気を不要にした。

    空気を入れて膨らませるチューブが不要で、パンクの心配がないのが特徴リサイクルできる樹脂やゴムを材料として使用でき、デザインの自由度も高く、従来にない次世代型自転車を提案できるという。

    イベントなどで一般ユーザーに試乗してもらい、意見を取り入れながら実用化に向けた検討を進める。

    詳細 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00000064-zdn_mkt-ind

    【 すげぇええwwwブリヂストンが空気不要の自転車タイヤ開発!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/04/10(月) 07:28:21.73 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    一度でも自転車に乗ったことがある人ならば、「なんでもっと簡単に、しかも速く走ることができないんだろう?」と思った事があるはずだ。

    しかし、楽に走れる電動アシスト自転車も、速く走れるロードバイクも高価だ。さらには、メンテナンスが比較的大変であることも悩ましいものである。

    そんななか、海外では速くて安くて自転車なのかも危うい“電動自転車”が発表されたようだ。

    電動アシストで最高速度は48キロ

    その電動自転車は『Wave Electric Bike』というもので、海外のクラウドファンディング『Indiegogo』にて出資を募っている。

    あらかじめ言わせていただくと、この電動自転車は日本の公道を走ることが出来ないが、機能面では革新的ともいえるスペックを備えているので、是非紹介させていただきたい。

    まずこの『Wave Electric Bike』は、リアタイヤの上にバッテリーが積まれており、ペダル付近にキーを差し込むことによりバッテリーが始動する。

    メーター部分ではバッテリーの残量確認や、ライトの点灯、アシストの有無や強さが選べる。

    モードを強くすればペダルをこがなくても走ってしまう“アシスト”とも呼びがたいモードに入り、その際の時速はなんと最高48キロにまで到達。バッテリーも4時間ほどでフル充電になるという。販売価格は499ドルと、非常に安値で販売されている。

    速い電動自転車のデメリット

    「こんなに速くて安い電動自転車を、何故日本で使うことが出来ないのだろう?」と思ってしまうが、事故の際のリスクを考えれば慎重にならざるを得ない。

    万が一、歩行者に衝突してしまったら当然自転車以上の衝撃が伝わり、転倒してしまったら乗っている人は「自転車で転んでしまった」というレベルじゃ済まないことになるだろう。

    このことから、もし日本で発売されるようなことがあっても、仕様が変わったり、自転車扱いではなくなってしまう可能性が高い。

    この『Wave Electric Bike』は日本での発売の望みは薄いが、海外では大人気だ。現在希望額の4倍以上の出資を得ており、製品化に向けて順調なスタートを切ったといえるだろう。

    将来、日本でもこのような“速い自転車”に乗れる環境が整ってくれることを祈るばかりだ。

    no title

    no title

    https://youtu.be/jbn5mXFrcSU



    詳細 http://nge.jp/2015/04/24/post-102548

    【世界最安レベルのバイク並「電動自転車」堂々発売!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/04/09(日) 06:46:17.51 ID:CAP_USER
    hokkaidou-furi-pasu

    東日本高速道路
    (NEXCO東日本)北海道支社は3~6日間道内全ての高速道路を定額で利用できる割引商品北海道観光ふりーぱす」を販売する。従来も同様の商品を販売していたが、対象期間をゴールデンウイークから紅葉の季節まで拡大するなど利用しやすくした。 
    「北海道観光ふりーぱす」は自動料金収受システム(ETC)搭載車が対象。走行前に同社ホームページでETCカード番号などを登録すれば利用できる。条件を満たせばレンタカーも対象だ。4月14日から受け付けを始め、利用期間4月28日から11月6日まで。高速道路走行前であれば当日でも申し込むことができる。

    土日祝を含む3日間利用できる「夏トクプラン」は普通車7900円でゴールデンウイーク前から利用できる。4~6日間いつでも乗り放題となる「ゆったりプラン」は同1万500円から。

    詳細 http://www.nikkei.com/article/DGXLZO15047810X00C17A4L41000/

    【冒険開始!北海道の高速道が定額乗り放題!しかもレンタカーもOK!】の続きを読む

    このページのトップヘ