乗り物

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2018/02/17(土) 08:07:34.87 ID:CAP_USER9
    no title

    南海電気鉄道(南海)は3月3日、高野(こうや)線汐見橋(しおみばし)駅(大阪市浪速区)で「NANKAI鉄子の駅」を開催する。開催時間は10時から15時まで。

    鉄道好きの女性を意味する、いわゆる「鉄子」さんのうち、南海ファンを自負する女性たちが企画したイベントで、当日は、特別ゲストに南海沿線ゆかりのJ-POPユニット「ET-KING」を招き、南海にまつわる思い出話トークを展開。かつて難波駅に掲出されていた「南海沿線案内図」も特別公開される。

    また、汐見橋駅2番線に停車させた車両内ではクイズ大会やインスタントカメラ「チェキ」による子供向け制服撮影会などを開催。車両1両がプラレール広場となる趣向も用意されている。

    参加者のうち先着200人には、鉄子ならではの視点で制作されたフリーペーパー「TETTS」(テッツ)や来場記念入場証がプレゼントされる。

    このイベントに際しては、2016年8月に開催された「NANKAI鉄子の部屋」に参加した女性メンバーが、9カ月間議論を重ねて企画内容を練り上げたという。南海では「鉄子さんならではの視点と、女性らしいこだわりを随所にちりばめた1日限定の“鉄子の駅”に、ぜひお越しください」と呼びかけている。 

    詳細  https://s.response.jp/article/2018/02/16/306163.html

    【女性視点の鉄道イベント「鉄子の駅」3月3日に開催! 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2018/02/21(水) 18:50:21.88 ID:LePzE9MD0● BE:472367308-PLT(16000)
    no title

    タクシーに乗っていて「このドライバーさんうるさいなあ」「ゆっくりしたいのに会話が面倒だなあ」などと思ったことはないだろうか。特に興味のない会話を聞かされたり、相手にするのは苦痛である。

    ・黒子のタクシー
    そんな滋養客の悩みを解決するタクシーのサービスが開始された。その名も「黒子のタクシー」。このタクシーは行き先を聞くなどの必要最低限の会話はするものの、走行中の無駄な会話をいっさいしないというもの。

    ・顔を布で隠したままサービス
    さらにドライバーは黒子の姿をしており、走行中以外は顔を布で隠したままサービスを提供する。この黒子のタクシーを開始したのは、東京や横浜などで定評のある老舗のタクシー会社「三和交通」。

    (中略)

    ちなみに、黒子使用料として運賃に310円が加算される。

    全画像と詳細は以下ソース
    http://buzz-plus.com/article/2018/02/21/kuroko-no-taxi/

    【【革命】まったく会話をしないドライバー「黒子のタクシー」のサービス開始w】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2018/02/05(月) 18:12:18.36 ID:CAP_USER9
    no title

    no titleno title

    本田技研工業は2018年2月5日、レジャー二輪「クロスカブ110」をフルモデルチェンジするとともに、50ccエンジンを搭載した「クロスカブ50」を新たに設定し、同年2月23日に発売すると発表した。

    ■新たに50ccモデルを設定

    クロスカブ110は今回、エクステリアデザインを一新。レッグシールドを廃止したほか、LEDヘッドライトを囲むガードやスリット入りマフラーガード、マットブラック塗装のホイールリムにセミブロックタイプのタイヤを採用するなどして、従来型よりも堅牢(けんろう)な雰囲気を高めている。

    また、新たにタンデムステップを装備し、2人乗りに対応した。

    エンジンは「スーパーカブ110」と同じ、最高出力8psと最大トルク8.5Nmを発生する109cc空冷4ストローク単気筒を採用する。

    ボディーカラーは「パールシャイニングイエロー」「マグナレッド」「カムフラージュグリーン」の全3色展開となる。

    新たに設定されたクロスカブ50は、クロスカブ110に準ずるスタイリングに、小径14インチタイヤと足つき性を考慮した形状のシートを採用することで、より身近でフレンドリーなモデルとしている。

    パワーユニットには「スーパーカブ50」と同じ、3.7psと3.8Nmを発生する49cc空冷4ストローク単気筒エンジンを採用。

    ボディーカラーは「マグナレッド」と「クラシカルホワイト」の2色を用意する。

    価格はクロスカブ110が33万4800円、クロスカブ50が29万1600円。(webCG)

    2018.02.05
    http://www.webcg.net/articles/-/38197

    【【NEW】デザイン一新!「ホンダ・クロスカブ」がフルモデルチェンジ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2018/02/02(金) 16:03:39.23 ID:CAP_USER9
    nabegura

    日本各地の“ご当地鍋”が集まり、味を競い合うグルメイベント「ニッポン全国鍋グランプリ2018」が埼玉県和光市で開かれた。2日間で計約14万2千人が訪れ、投票の結果、日高町の名物・天然クエを使った「本場和歌山県日高町の天然クエ鍋」が初めて優勝した。関係者は喜びとともに、町のPRにつなげようと意気込んでいる。

    同イベントは、日本の優れた「鍋文化」を発掘し、地域活性化につなげようと、和光市商工会が中心となり平成17年から開催され、今年で14回目を迎えた。今回は、北海道から熊本県まで過去最多の24道県62チームが参加。各地自慢の鍋が提供され、来場者による投票で争われた。

    和歌山県からは、28年大会で3位と苦杯をなめた同町の天然クエ鍋が2年ぶり2回目の参戦。同町商工会を中心に約20人が鍋の炊き出しなどを行った。

    大会に向けて、約270キロ、2千食分のクエを用意。具材はクエの身やアラのほか、白菜や豆腐などを入れて、水炊き風に仕上げた。「企業秘密」という試行錯誤を重ねて作ったオリジナルポン酢も使用した。会場では、1杯500円で提供し、ブース前には長蛇の列ができるほどの人気。2日間とも完売したという。

    来場者による投票では、開催地の和光市から参戦した28年大会優勝の「牛すじシチュー鍋」と一騎打ちとなり、優勝を果たした。過去の同イベントで優勝した鍋などがさらに競い合う2020年に開催予定の「グランドチャンピオン大会」でも優勝を狙う。

    クエを目当てに観光客でにぎわう同町の商工会担当者は、「今まで『クエの町』としてこだわってきたことが認められた。日本一を機に、より気を引き締めて、町のPRをしていきたい」と意気込んでいる。

    2018.1.31 09:38
    産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/180131/wst1801310023-n1.html

    【【全国鍋グランプリ2018結果】「天然クエ鍋」と「牛すじシチュー鍋」の一騎打ちで …】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2018/01/24(水) 19:34:31.90 ID:O7/TayG70● BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典
    no title

    この冬、JR東日本が「機動戦士ガンダムシリーズ」を起用したスタンプラリー「JR東日本 機動戦士ガンダムスタンプラリー」を開催し、好評を得ている。各JR駅に1キャラクターが設定されており、さまざまな駅をめぐり、各キャラクターのスタンプを押してコンプリートを目指すというもの。

    ・まったく知名度のないキャラクター
    しかしなが駅によっては不人気なキャラクターや、まったく知名度のないキャラクターが振り分けられており、特に利用客の多い駅に知名度の低いキャラクターが設定されていると、不満の声が上がりやすい。

    ・非常に存在感のないキャラ
    都心部でありセレブが暮らす街、JR目黒駅に設定されたキャラクターが悲しすぎると話題になっている。この駅に設定されたキャラクターは、オスカ・ダブリン。非常に存在感のないキャラクターで、マニアからも特に注目されておらず、一部の人からは「いてもいなくてもあまり物語に影響を与えないキャラ」とも言われている。

    ・決まった声優がいない
    また、アニメ内ので扱いもひどく、決まった声優がいないようなもので、各エピソードによって声優が変わる。逸話としてシャアやクワトロなどの声優として有名な池田秀一、カイの声優として有名な古川登志夫が声を担当したこともある。そう、このキャラクターのためだけに声優を呼ぶのも手間なので、その場にいた人がやった可能性が高いのだ。

    ・「なぜこのキャラ」との声

    この地味すぎるキャラクター、オスカ・ダブリンが設定されてしまったJR目黒駅。あまりにも地味すぎて、JR目黒駅利用者や地域住民から「なぜこのキャラ」との声が上がっている。

    ちなみにJR目黒駅の隣のJR恵比寿駅はマチルダ、JR五反田駅はギレンが設定されている。どちらも重要人物であり、非常に人気のあるキャラクターだ。

    全画像と詳細は以下ソース
    http://buzz-plus.com/article/2018/01/24/jr-gundam-stamp-rally/

    【【悲報】JRのガンダムスタンプラリーなぜかJR目黒駅だけ地味すぎるキャラで駅利用者悲しむ】の続きを読む

    このページのトップヘ