乗り物

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/02/20(月) 21:02:08.06 ID:y7wTpNco0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    no title

    2017年2月25日(土)26日(日)開催の名古屋サイクルトレンド2017で、オンラインサイクリングコミュニティZwift(ズイフト)VR体験日本初公開される。

    室内トレーニングのローラー台とパソコンやiPad、iPhoneなどを接続し、オンライン上のコースを世界中のサイクリスト達と一緒にライドできることで人気を博しているZwift(ズイフト)。今回はヘッドセットを装着して、360度見渡す限りのバーチャルコースを走るという未知の体験ができる。

    このZwift VR版は一般リリース未定。今週末は名古屋サイクルトレンドのZwiftブースでオンラインサイクリングを楽しもう!

    詳細 http://www.cyclesports.jp/depot/detail/75467

    【仮想空間でロードバイク!ZwiftVR初公開きたーーーー!!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/02/16(木) 20:59:08.73 ID:nsWpwfo00 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    no title

    幕張メッセで2017年2月2~5日に開催された「ジャパンキャンピングカーショー」。ワークヴォックス(京都府京田辺市)は、車中泊やレジャーに使える車いす移動車『アクティブマイキャビン』を出展していた。

    これまで同社がカスタムシートの製作やキャンピングカー製造で培った車両改造技術を、福祉の分野でも活(い)かそうと企画したもので、トヨタ『ハイエース』ロング ハイルーフがベース車両となっている。

    そのコンセプトは「車いすが必要な方が快適に、気軽に出掛けることができる車」(田中将太コンサルティングゼネラルマネージャー)。機能性と快適性を重視して、家をそのままキャビンに詰め込んだような車両に仕立て上げたという。

    「テレビや冷蔵庫、手洗いシンク、それにトイレも使うことができるし、寝ることもできる。もちろん車いす用リフトやスロープが装着されているので楽に車に乗れる。外出をためらいがちなハンディキャップのある方でも、こんな車なら気軽に乗れるのではと企画しました」(田中さん)。

    オプションの車いすリフト・スロープはイタリアのフィオレラリフト社製で、プラットフォーム展開を手動で行う半自動モデルを採用。格納中は横展開もできるので、車いすの後方固定が容易に行えるだけでなく、荷物の積み込みもスムーズに行える。また、運転席には手だけで運転可能なセルフドライビングシステムもオプション設定。アクセルリング&ブレーキレバーは長距離運転のサポートとしても使用できるから便利だ。

    ライトイエローのボディカラー、アルミホイール&ローダウンの足回り、木目調の内装など、見た目もいわゆる”福祉車両”とは一線を画していた。

    詳細 http://response.jp/article/2017/02/09/290411.html

    【ロードバイク積めて車中泊できる最強の車教えてくれ!!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/02/15(水) 19:58:29.54 ID:2Vy1E+O30 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    no title

    先に行われる「ギフトショー LIFE×DESIGN」は、「暮らしとデザイン」の見本市として開催された。従来のギフトショーの5分の1以下の規模になったが、デザイン関係の見本市としては十分。

    従来と違う点は、デザイナーやクリエイターの個人ブランドを中心に紹介する「ACTIVE CREATORS」の規模を拡大。さらに、インテリアや住まいのコーディネートなどの、ライフスタイル提案系の展示を加えたものになったことだ。

    玉石混交のカオス的なギフトショーならではの面白さと、ライフスタイル提案が結びついた製品としては、依田工業所とアンノデザインオフィスの「BIKE shield」が良かった。

    高価なロードバイクは自転車置き場に置きっぱなしにしたくないと、部屋に持って上がるユーザーに向けた、ロードバイクを部屋にキレイに飾るための透明シールドだ。

    アクリル樹脂で作られた自転車カバーなのだが、その上から貼る各パーツを説明するキャプション的なものを転写シートで別途製作してくれる。まるで自転車雑誌の解説図のような形で、自転車を鑑賞できて、小さい子どもがいる家庭でも安心して自転車を置けるようになるわけだ。価格は10万円から12万円程度を考えているという。

    詳細 http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1035122/021300046/?rt=nocnt

    【ロードバイク専用ケースきたーーー!これでキレイに保管できる!!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2016/03/19(土)19:56:18 ID:k5w
    バイクで好きなアイスを買いに行くスレです。
    ガリガリ君でもピノでも爽でもソフトクリームでもOKです!

    >>20>>40…と
    キリ番をゲットした人はバイクで好きなアイスを買いにいき、
    どこか好きな場所で食べてくる事!

    食べたときの画像のアップは忘れないでね!!
    自転車歓迎!ライダーとバイクの暖気も忘れずに
    10単位で買いに行くのはご自由に



    【キリ番GETの人はバイクで好きなアイスを買いに行くスレ♪2016後期】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/02/09(木) 17:58:02.68 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    no title

    株式会社ブレイズが2015年9月に発売した、ミニカー登録で公道を走行可能かつオフロードが楽しめるnext cruiser(ネクストクルーザー)」 は、発売後たちまち話題となり、予想を大きく上回る問い合わせ・注文が殺到した。

    そして今回モデルチェンジを施し、乗り出し価格、品質、仕様を大きく変更した。

    乗り出し価格に関しては、今まで車両本体価格の398,000円(税抜)に日本でのメンテナンス費用、組立の費用等、諸費用が大きくプラスになっていたが、今回のモデルチェンジで諸費用込みの乗り出し398,000円(税抜)を実現した。

    モデルチェンジでの仕様変更箇所
    ◆ステアリングバー3段階調節可能に
    ステアリングバーの長さ調節を行えるようになり、ベストな長さに調節可能に。
    ◆ステアリング
    頑丈な構造で製作しているので乗車時も安心して走行できる。
    ◆クリスタルテール
    リアテールをクリスタルテールに変更し、夜間時もより安心して走行可能に。バックライト、反射板も付いている。
    ◆ボンネット内の骨組み
    骨組みをより強く、シンプルに。メンテナンスなどを行う際の確認が容易になったうえ、安全性も向上した。
    ◆背面タイヤ装着部分の骨組み
    背面タイヤを支える骨組みを1本追加することにより骨組みの強度が増し、より安心に。
    ◆アクセルペダル・ブレーキペダルに専用ラバーを装着
    ペダルを踏む際に足を滑らす危険性をカバー。より安心して走行可能となった。
    ◆ナンバー灯
    ナンバー灯も装着し、夜間時の後走車に対しての安全性が向上した。
    ◆泥除け
    走行時、汚れなどが運転席に侵入するのを防止しするのでより快適に走行可能に。

    詳細 http://autoc-one.jp/news/3167850/

    型式:原動機付自転車(ミニカー登録)
    車両重量:150kg
    全長×全幅×全高:2,100×1,100×910mm
    乗車定員:1名
    排気量:49cc
    燃料種類:無鉛レギュラーガソリン
    最大出力:3.35kw/8,000rpm
    最大トルク:3.1Nm/5,500rpm
    【衝撃安の車!オフロードも可能な39万8千円の新車に注文殺到!その名は…】の続きを読む

    このページのトップヘ