乗り物

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/04/26(水) 18:22:51.49 ID:CAP_USER
    no title

    5月1日に運行を始めるJR東日本の豪華寝台列車トランスイート四季島」(10両編成、定員34人)の報道関係者向け試乗会が26日に行われ、上野-宇都宮間(約146キロ)を往復した。4面ガラス張りの展望車の内部が初めて公開。同社の高橋敦司・営業部担当部長は「ご協力いただいた地域の皆様の思いを乗せ、鉄道の新しい未来を築いていきたい」と抱負を語った。

    先頭と最後尾に配置された展望車は、天井まで広がる大きな窓が特徴。木の枝で覆われたようなデザインの壁から自然光が室内に木漏れ日のように注ぐ。定員6人のソファ席は車窓に向けられ、窓の外に流れる田園風景をくつろぎながら眺めることができる。

    明るい間取りのラウンジカーでは、ピアニストが生演奏を披露。バーテンダーがオリジナルカクテルを提供した。ダイニングカーでは、訪れる土地の食材を生かしたフランス料理が用意された。

    内装に木材や和紙などの素材を取り入れ、和洋折衷をイメージした客室には落ち着いた雰囲気が漂う。最上級の客室「四季島スイート」はメゾネットタイプ。2階にある畳敷きの和室では、靴を脱いで掘りごたつでくつろぐことができる。

    5月から北海道や東北を周遊する3泊4日のコースと甲信越地方などを回る1泊2日のコースで運行を開始。旅の途中、クルーの案内で観光も楽しめる。料金は2人1室の場合で、1人32万~95万円。

    2017.4.26 14:59
    詳細  http://www.sankei.com/economy/news/170426/ecn1704260020-n1.html

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【豪華寝台列車「トランスイート四季島」が試乗会開催!4面ガラス張りの展望車をお披露目】の続きを読む

    このページのトップヘ