お台場

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    チッパーの投げっぱなし☆おでかけのススメ


    ほえ~
    夏の温泉もいいよね~

    susume-iconチッパーより♪
    【大江戸温泉物語が夏仕様のプロジェクションマッピングでお出迎え!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/09/23(土) 19:47:54.06 ID:FHaBwMkA0 BE:738128771-PLT(13333) ポイント特典
    no title

    アニメ「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」のユニコーンガンダムの実物大立像が23日、東京・台場のダイバーシティ東京で開催されたスペシャルセレモニーでお披露目された。セレモニーでは、角の開閉や顔のモード変更、全身50カ所が発光し、肩、腰、膝パーツが展開するユニコーンモードからデストロイモードへの変形を再現した演出も初披露され、集まった観客から喝采を浴びていた。

    実物大立像「RX-0 ユニコーンガンダム Ver. TWC(TOKYO WATER FRONT CITY)」は、全高19.7メートルで、重量は49トン。24日から公開され、午前11時、午後1時、同3時、同5時にはユニコーンモードとデストロイモードに入れ替わる1分間の演出も行われる。夜間は午後7時半から同9時半まで30分ごとに立像と壁面に映像が映される演出も行われる。

    詳細  https://mantan-web.jp/article/20170923dog00m200013000c.html

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【ついにお台場の新しいガンダムお披露目!変形もするぞ!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    建設中の実物大ユニコーンガンダム立像 1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/08/24(木) 11:21:59.85 ID:sOEK+CFv0 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典
    no title

    no title

    no title

    東京・お台場の「ダイバーシティ東京 プラザ」に建設中の“実物大ユニコーンガンダム”9月24日から公開される。正式名称は「RX-0 ユニコーンガンダム Ver.TWC」(TOKYO WATER FRONT CITY)。
    全高19.7m、重量49tで、メカニックデザイナーのカトキハジメ氏による新規デカールが追加される。

    注目は夜間の演出。「ユニコーンモード」から「デストロイモード」への変形を「可能な限り再現」するという。全身50カ所以上の発光ギミックに加え、角の開閉、顔のモード変更、肩、腰、膝パーツの展開を予定している。なお、グランドオープン後は、ガンダム立像と壁面映像のコラボレーションで人気を集めた演出「Wall-G」も実施する。

    公開に先立ち、スマートフォン用のカメラアプリ「実物大ユニコーンガンダムMSカメラ」(iOS/Android)の配信がスタート。建設中の実物大ユニコーンガンダム立像前に設置されたマーカーなどにカメラをかざすと、AR機能で完成時のユニコーンガンダム立像が画面に出現するという。

    実物大ユニコーンガンダムは9月24日公開、夜になるとデストロイモードに
    http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1708/23/news117.html



    【お台場の“実物大ユニコーンガンダム”が9月24日から公開。夜になるとデストロイモードに】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/03/05(日) 19:25:34.04 ID:CAP_USER
    no title

    2017年秋より、東京・お台場「ダイバーシティ東京 プラザ」フェスティバル広場に「実物大ユニコーンガンダム立像」が展示される新プロジェクトの始動が決定した。 

    新プロジェクトは、同地に設置されていた実物大ガンダム立像「RG 1/1 RX-78-2 ガンダム Ver.GFT」のプロジェクト満了を受けてスタートするもの。“リアル”をコンセプトに、迫力あるガンダムを身近に“体感”できるエンターテインメントとして、多くの人へ新たな感動を届けるとともに、「TOKYOガンダム プロジェクト 2017」の一環として臨海副都心エリアの活性化に貢献していく予定となっている。

    また、ダイバーシティ東京 プラザ7階にて営業中の常設エンターテインメント施設「ガンダムフロント東京」は、4月5日(水)に閉館し、2017年夏より新施設THE GUNDAM BASE TOKYO(ガンダムベース東京)」がオープンする。

    「ガンダムベース東京」は、ガンダムファンに向けた情報発信の拠点として、国内最大規模の「ガンプラ」総合施設となる。詳細は後日発表されるとのことなので、続報をお楽しみに。

    以下ソース:GUNDAM.INFO 2017年3月5日(日)
    http://www.gundam.info/topic/17635

    【お台場のガンダムに別れ!2017年は「実物大ユニコーンガンダム」新プロジェクト始動!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    チッパーの投げっぱなし☆おでかけのススメ

    東京お台場「デックス東京ビーチ」内にある施設、「台場一丁目商店街」がかなり楽しめそうだよ♪レトロなゲームや自販機、駄菓子もいっぱいあって雰囲気たっぷり。しかも、台場怪奇学校なるお化け屋敷まであって、満足度はすこぶる高そう。東京観光の予定に、そんなの関係ない人も行ってみるがよろし!

    チッパーより♪susume-icon

    WEBサイト https://www.odaiba-decks.com/news/event/daiba1chome.html
    【「台場一丁目商店街」がかなりおもしろそう♪】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: (catv?)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 05:15:18.23 0● BE:698254606-PLT(14121) ポイント特典.net
    4月28日~5月8日までお台場で開催される「肉フェス TOKYO 2016 春」の出店店舗と
    メイン料理が明らかになりました。

    福岡・静岡を含む5会場で行われる「肉フェス」のメイン会場となるお台場会場には、昨年の
    年間売り上げNo.1
    に輝き殿堂入りを果たした門崎熟成肉 格之進が「門崎熟成肉塊焼き~
    寿司スタイル~
    」を提供。にんにくの風味をきかせたガーリックライスのシャリと熟成肉の
    香りが食欲をそそります。

    さらに「西麻布 焼肉 よろにく」をはじめとする肉フェス初参戦の店や、地方の肉フェスで
    人気の店が登場します。

    「肉フェス」でおなじみの店舗ももちろん参戦。昨年秋の「肉フェス TOKYO 2015 秋」で
    チャンピオンを獲得した焼肉 清左ヱ門・六本木店はチャンピオンメニュー「ハラミのレアステーキ」を、その他の店舗は新メニューを提供します。

    また、肉フェスには欠かせないビールスイーツも用意。肉ファンを大満足させるラインアップに
    なっています。

    「肉フェス TOKYO 2016 春」は、お台場シンボルプロムナード公園 夢の広場で4月28日~
    5月8日の午前10時~夜10時に開催(りんかい線・東京テレポート駅か新交通ゆりかもめ・
    青海駅より徒歩、4月28日は12時スタート、5月8日は21時終了)。

    入場無料で、飲食は1枚700円(税込)の食券か電子マネーでの支払いになります。

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1604/04/news139.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    【肉喰おうぜ!「肉フェス2016」やるぞ!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/08(火) 22:12:34.29 ID:CAP_USER.net
    http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/030300185/

    東京、お台場の日本科学未来館で、「GAME ON ゲームってなんでおもしろい?
    という企画展が2016年3月2日から5月30日という長い会期で開催される。これは、英国、ロンドンのバービカン・アートギャラリーを皮切りに、世界を巡回し、満を持して日本での開催となった、テレビゲームをテーマにした企画展だ。

    東京、お台場の日本科学未来館で、「GAME ON ゲームってなんでおもしろい?」という企画展が2016年3月2日から5月30日という長い会期で開催される。これは、英国、ロンドンのバービカン・アートギャラリーを皮切りに、世界を巡回し、満を持して日本での開催となった、テレビゲームをテーマにした企画展だ。

    最初にバービカン・アートギャラリーで開催されたのは2002年。世界的な芸術・学習組織であるバービカンが、テレビゲームを「世界中のエンターテインメントを変えた芸術」ととらえ、その進化の歴史を一望する展覧会として開催し、これまでにオランダ、フィンランド、フランス、イスラエル、米国(シカゴ、カリフォルニア、シアトル)、香港、オーストラリア、台湾、ベルギー、アイルランド、 メキシコ、ブラジル、ポルトガル、チリ、アルゼンチン、カナダと世界中を巡回し、200万人以上の人が訪れている

    その企画展に、日本独自のテーマ「ゲームってなんでおもしろい?」を掲げて、オリジナルコンテンツを多数追加。
    日本科学未来館館長である毛利衛氏は、そのオープニングレセプションで「面白いというのは、とても深い意味を持っている。 人類がこの先の未来を生き延びられるかどうかは、面白いという個人の感覚にかかっている。面白いゲームで人々が結ばれて、試行錯誤しながら最適解を導く、それこそが日本科学未来館のミッションだし、この企画展で、それを伝えていきたい」と語った。

    その言葉通り、ゲームの社会的、文化的な意味を問う展示になっている。
    展示の中心となるのは、歴史的ゲーム、エポックメイキングなゲームの数々だ。しかも、ずらりと展示されたそれらのほとんどを実際に遊べるというのが面白い。

    まるで巨大でヒストリカルなゲームセンターだ。世界最初のコンピューターゲームが動いたとされるコンピューター「PDP-1」の展示から、最新のヴァーチャルリアリティ・ゲームを楽しめる「プレイステーションVR」の体験まで、それまでまったく存在しなかった20世紀生まれの エンターテインメント“テレビゲーム”の進化を楽しめる展示の全貌を紹介したい。

    (全文はサイトで)

    no title

    「スペースインベーダー・パートII」(1979年、タイトー)。
    no title

    アウトラン」(1986年、セガ)
    no title

    「ポールポジション II」(1983年、ナムコ)
    no title

    「鉄騎」(2002年、カプコン)
    no title

    「セガ マークIII」(1985年、セガ・エンタープライゼス)
    no title

    「3DO リアル」(1994年、パナソニック)
    no title

    ズラリと並ぶ「ゲーム&ウオッチ」(1980年、任天堂)


    企画展「GAME ON ゲームってなんでおもしろい?」
    会場: 日本科学未来館1階企画展示ゾーン(東京・お台場)
    会期: 2016年3月2日(水)~5月30日(月)
        休館日:火曜
    入場料: 当日 大人1500円、18歳以下750円、
         18歳以下土曜日は650円

    【お台場の日本科学未来館でゲーム展開催、新旧様々なゲームやVRまで体験可能】の続きを読む

    このページのトップヘ