インド

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    indo-doraemon-kaoiro

    odekake-no-susume-tittle3

     これは正規品なんかな
     まぁ…おそらく違うと思うけど
     どうせならイラストを崩して
     色を同じにしてる方が感じでるんちゃう
     何にせよ世界は広いってことやね
     ほな バイバイちゅんやでぇ〜♪

    pe-yan2

    ツイッターではサイトで紹介できなかった
    全国のイベント情報を紹介しているのでフォロー宜しくね♪


    【【緊急搬送】インドで見かけたドラえもん達の顔色が超ヤバかった…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    indo-syawa-

    odekake-no-susume-tittle3

     これはダミー蛇口なんかな?
     それとも全て本物なん?
     謎解き屋は行って確かめるしかないね
     ほな バイバイちゅんやでぇ〜♪

    pe-yan

     これからもみんなが楽しめる情報を見つけて
     紹介していくのでフォロー宜しくね♪


    【【超難題】インドのホテルにあるシャワーが謎解きレベル…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    indo-bi-tinisame


    CHECK!詳細  ライブドアニュース
     

    もし写真のままのクオリティなら…
    本物に見える!!!
    アイデアって大事だよね☆

    chipper2

    チッパーより♪

    これからもみんなが楽しめる情報を見つけて
    紹介していくのでフォロー宜しくね♪


    【【恐怖のインスタ映え】インドのビーチに「巨大ザメ」出現!!!!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    indiaabunai

    1: ◆CHURa/Os2M@ちゅら猫φ ★ 2015/02/13(金) 23:13:28.39 ID:???
    ★インドは、日本人女性にとって危険なのか 「性的暴行」からの身の守り方
    須貝 信一 :ネクストマーケット・リサーチ代表 2015年02月13日

    2012年にインドの首都デリーで起きた集団婦女暴行致死事件以来、同国で起こる同種の事件について
    日本国内でも度々報道されてきた。しかし、それにもかかわらず、不幸にして邦人が被害者となるケースが相次いでいる。
    日系企業のインド進出とともに在留邦人数が、増加の一途をたどっている中、日本企業の人事担当者は、
    こうした事件をどう受け止めればいいのか。報道は正しいのか。実態はどうか。どのようにしたら
    被害に遭わずに済むか。インドビジネスに詳しいネクストマーケット・リサーチの須貝信一氏に聞いた。(聞き手:田宮寛之)

    ・加害者は複数犯のケースが多い

    ――インドでのレイプ事件が相次いで報道される中、邦人の被害者も続きました。

    はい。気の重くなる話です。今回のラジャスタン州ジャイプールで起きた事件について、事実確認がされている
    最中なのでコメントは差し控えたいと思いますが、今回2015年2月に起きた事件、2014年末に起きた事件、
    いずれも加害者が100%悪いことに間違いないと思います。

    一方で、これまでにも同様のことがありました。あまり日本国内では報道されなかったとも言えます。
    今回はテレビでも報道されていますが、2012年にデリーで起きた集団暴行事件以来、日本でも関心が
    高くなったということだと思います。

    ――同様の事件は過去にもあったのですか。

    私が知る限りですが、この10年で邦人が被害に遭った事件で明るみに出たものは、アジメール(2006年)、
    アグラ(2007年)、ブッダガヤ(2010年、2014年)、ジャイプール(2015年)の事件があります。

    これらの事件を見ると多少の傾向があることがわかります。まず、事件が発生した地域はすべて観光地であり、
    被害者も旅行者です。被害者は20代前半、多くの場合、加害者は複数犯です。このほか、日本人カップルへの
    暴行未遂事件などもありました。

    ――被害状況、犯行状況は。

    邦人が被害を受けた事件では「観光ガイド」「安宿」が絡んでいることが多いです。
    悪質なのは、被害の前に提供された飲み物を飲んでいるケースです。飲んでしまえば防ぎようがありません。

    つまり、昏睡強盗の末に起きていることも多いようです。見ず知らずの人から渡された食べ物、
    飲み物を不用意に食べたり、飲んではいけないということですね。

    ・デリーがいちばん危ない

    ――具体的にどの地域が危ないのですか。

    最も危ないのはデリーです。政府の犯罪記録局の統計でみると、州(および連邦直轄地)別で最もレイプ犯罪の
    発生率が高いのがデリー準州で2013年に1636件発生しました。

    都市別でみても、デリーがいちばん高く1441件です。これはほかの5大都市バンガロールの80件、
    コルカタの75件、チェンナイの83件、ムンバイの391件と比較すれば、一目瞭然です。

    ――こうした事件は増えているのでしょうか。

    増えています。被害者が訴えて事件として明るみに出るようになったから増加したのか、絶対数として増えているのか。
    それは定かではありません。2012年までは微増でしたが、2013年に前年比47%増と急増しています。
    まさに2012年の事件の後に増えたことになります。

     >>2へ続く


    http://toyokeizai.net/articles/-/60456

    【【ニュース】インドが安全だとは言わないけれど…レイプ発生率はNYの方が上 「観光ガイド」「安宿」「飲み物」に気を付けろ!】の続きを読む

    このページのトップヘ