ニューヨーク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 20/03/07(土)17:07:46 ID:1LL
    ニューアークリバティ国際空港ってとこの駅
    ニューヨークといえど郊外に出るとなーんもないで

    no title
    【ニューヨークで一人旅してきたから適当に画像上げてく♪】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    ny-izakayakenka2019

    ny-izakayakenka2019-2

    ny-izakayakenka2019-3

    ny-izakayakenka2019-4

    odekake-no-susume-tittle3

     外国人の好きな日本が詰まってやん…
     それが逆に現代の日本人に新鮮やね
     ホンマ逆輸入したらエエんとちゃうかな
     まぁでも異国で行くのが面白いんかな
     みんなはどう思ってんねやろ
     ほな バイバイちゅんやでぇ〜♪

    pe-yan

    ツイッターではサイトで紹介できなかった
    全国のイベント情報を紹介しているのでフォロー宜しくね♪


    【【大人気】米国にあるクレイジーな日本料理屋が超オモシロそうwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 19/05/24(金)22:57:20 ID:PlA
    7泊9日、一人旅

    出発は成田空港から。カツカレー食って搭乗~
    no title

    no title

    【GWにニューヨーク旅行行ってきたから写真貼るよ♪】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/03/29(水) 05:49:43.46 ID:CAP_USER9
    建物の概念を180度変える驚愕のプランが明らかになった。

    なんと、超高層ビルを宇宙空間から吊るすというのだ! 英紙「Daily Mail」(3月27日付)が報じている。

    超高層ビル「アナレンマタワー」は、上空5万kmの“小惑星”から吊るされ、北半球と南半球を8の字に移動しながら、パナマ、ハバナ、ニューヨーク、アトランタなどの上空を通過するとのことだ。

    オフィス、礼拝堂、食堂、ショッピングモール、エンターテイメント空間、庭園などがブロック毎に分かれ、3分の2は居住者の寝室。最上部に設置されたソーラーパネルからは太陽光を摂取することでエネルギーとし、水分は雨や雲から収集する。

    この設計は、小惑星に高強度ケーブルを取り付け、地球にたらす「UOSS(Universal Orbital Support System)」というシステムが使用される。世界中のどこでも建設可能なうえ、どこにでも行くことができるという利点がある

    no title

    北半球と南半球の間を日々8の字で行き来するため、住民はさまざまな場所を楽しみながら生活できる

    no title

    現在提案されている軌道が実現されれば、NY上空を最も遅く移動することになる

    no title

    気圧と温度の差に対応するために、窓のサイズが変更する「シェイプ・シフト・ウィンドウ」の設計を計画中

    no title

    可変式の窓は、空気圧や気温に合わせてサイズや高さを自由に変えられ、それぞれの階層から異なる風景を楽しむことができる。

    しかし、高度32000mは気温-40℃のほぼ真空であるため、居住者は保護スーツ無しに外を出歩くことはできない。さらには、地上に降りるにはパラシュートが必要というから恐ろしい。

    クラウドアーキテクチャーオフィスは、今回提案された巨大な超高層ビルの開発だけではなく、セクションごとに存在する「浮遊する都市計画」も設計している

    no title

    実は低コストで抑えられるというこの建設内容。8の字の軌道を描き、ニューヨーク市、ハバナ、アトランタ、パナマ市などの都市を辿る予定

    no title

    これまでに火星の住居などをデザインしてきた「Clouds Architecture Office」社が考案。無謀とも思えるプランだが、同社は2021年に「NASA(アメリカ航空宇宙局)」が、小惑星の回収ミッションを計画していることを指摘し、実現に前向きだ。

    詳細 http://tocana.jp/2017/03/post_12753_entry.html

    【小惑星から「超高層ビル」を垂らす“天空ビル計画”がNYで浮上!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/03/26(日) 15:09:51.93 ID:CAP_USER9
    no title

    米国の建築事務所が建物最上部をU字型に曲げた、全長が4000フィート(約1219メートル)に達するという奇抜なデザインの超高層ビルをニューヨークのマンハッタン地区に建設させる計画をこのほど提案した。

    土地の確保が容易ではないマンハッタンの不動産事情を踏まえた設計で、ビルの高さではなく「長さ」を追求したデザインともなっている。「ビッグベンド」と呼ばれる構想で、4000フィートの長さのビルは世界最長としている。

    この構想を示した同建築事務所「Oiilo Studio」は公式サイト上で「ニューヨークの土地区画規制を曲げる代わりに建物を曲げられるなら、マンハッタンに最も有名な建物の1つを創出することが出来るだろう」と述べた。

    下記が引用元になります|ω・)
    http://www.cnn.co.jp/m/fringe/35098723.html?ref=rss

    【なんと形は逆U字!奇抜なデザインの世界「最長」のビル=米建築事務所がアイデア】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/26(火) 22:22:13.78 ID:CAP_USER.net
    http://www.huffingtonpost.jp/2016/01/26/airbnb-igloo_n_9076304.html

    アメリカを襲った大雪で、ニューヨークに新しい形の宿泊施設がオープンした!?

    ―― ブルックリン地区に住むパトリック・ホートンさんは1月24日、2人のルームメイトともに、
    空いている部屋を貸し出すネットの民泊サービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」に、新しい部屋を登録した。

    ただし、普通の部屋とはちょっと違う。それは…
    雪でつくられた「かまくら」だった。

    no title


    2人用で、料金は1泊200ドル(約2万3600円)。
    残念ながら玄関マットはないが、ちゃんと電気もつく。

    no title

    製作に費やした時間は3時間。

    no title

    100%手づくりで、天然成分100%です」と、ホートンさんらはAirbnbの紹介文にコメント。
    「デートに使いたいって人がいるはず」とアピールしていた。

    しかし、登録からわずか3時間後に、ホートンさんらは公開を取り下げた。ホートンさんはハフポストUS版に対し、 Airbnb側から「このような部屋を見ることができて、本当に嬉しいのだけれども…」としながらも、 水道、電気、溶けない屋根などの整備不良の問題から、投稿を削除する可能性についてメールが来たのだと話した。

    暖かくなる前に、何か別の使いみちについて考えてみます」とホートンさんは続けた。
    この週末、人々がとても、かまくら好きだということを、私たちは学びましたから

    【【民泊】適当すぎw雪でつくられた「かまくら」をAirbnbに登録!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/11(水)01:24:51 ID:UAM
    暇な方見てください!

    no title

    機内食
    ピンク色の物体はハムではなく蕎麦でした

    【卒業旅行でニューヨークへ行ったので写真付きで紹介するよ】の続きを読む

    このページのトップヘ