六本木

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2018/01/12(金) 07:35:24.92 ID:CAP_USER

    inbe-da-tokyo

    タイトーは、2018年に「スペースインベーダー」が誕生40周年を迎えることを記念し、六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにおいて「PLAY!スペースインベーダー展」を1月12日より31日まで開催する。入場料は、大人の当日一般が1,800円(税込)、高校・大学生が1,200円(税込)、中学生から4歳までが600円(税込)、65歳以上は1,500円(税込)となる。

    開幕前日となる11日に、マスコミ陣に展示内容が一足先に公開された。

    40周年を記念し、Steamで2タイトルを展開するなど、各種企画が進行中

    船津稔2018年1月11日 22:26 
    1月12日~31日 開催 
    会場:六本木ヒルズ展望台 

    全文は下記URLで
    https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1100718.html

    WEBサイト https://tcv.roppongihills.com/jp/exhibitions/684/index.html



    【【チャンス】東京の夜景をバックに「スペースインベーダー」が遊べるぞ!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/07/05(水) 10:00:20.46 ID:CAP_USER
    no title

    アマゾンジャパン7月9~11日、国内のプライム会員導入10周年を記念して、初となるポップアップストアを東京・六本木のメルセデス・ベンツ コネクションにオープンする。会場にはプライム会員限定の特典やサービスを無料で体験できるコーナーを設置。アマゾン フレッシュで注文できる料理の試食プライムビデオの閲覧、プライム・ナウ(1時間便)の注文体験など、ダイニングキッチンやリビング、ガレージといった空間ごとにアマゾン プライムの活用方法を紹介する。

    他にも、発売前のゲーム試遊コーナーや10日から始めるビックセール「プライムデー」の目玉商品の展示などを用意する予定だ。また、会場の体験コーナで行うスタンプラリーでは、先着で“アマゾン ダッシュ ボタン”などをプレゼントする。

    プライム会員は月額400円もしくは年間3900円を支払うことで、お急ぎ便やプライム・ナウ、ビデオ、ミュージック、アマゾン フレッシュ(料理の注文)などを利用できる。

    no title

    no title

    no title

    詳細  https://www.wwdjapan.com/444436

    【アマゾン初のポップアップストアが六本木にオープン!プライム特典を無料体験】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/01/18(水) 22:13:22.78 ID:Cai9ocDb0 BE:406630752-2BP(2029)
    horiemon-matsuri

    2月4日に六本木周辺にて、堀江貴文氏のプロデュースによるエンタメイベント「六本木ホリエモン祭」を開催する。メイン会場となるZeppブルーシアター六本木を中心に、六本木周辺のさまざまな会場10か所をジャック

    各サテライト会場でもさまざまな企画が実施される。その中のひとつであるhitomedia“the p@rk”では、堀江貴文氏も自ら参加する「スペシャルVRイベント」を実施。Oculus Rift、HTC VIVE、PlayStation VRをはじめとするVRの体験も可能とのことなので、VRに興味がある人は要チェックなイベントとなりそうだ。

    詳細 http://panora.tokyo/19108/

    【「六本木ホリエモン祭」開催決定!ホリエモンが六本木をジャック!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: レッドインク(東日本)@無断転載は禁止 2016/05/10(火) 13:46:32.43 ID:ccCo9zhj0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    スタジオジブリ設立から現在までの歩みをたどる特別企画「ジブリの大博覧会 ~ナウシカから最新作『レッドタートル』まで~」が、7月7日~9月11日六本木ヒルズ展望台の東京シティビューで開催されることが発表された。

    名作『風の谷のナウシカ』から最新作『レッドタートル ある島の物語』(9月17日公開)まで、数多くの名作を生み出してきたジブリの軌跡をたどる本企画は、これまでのジブリ作品のポスターやチラシといった当時の広告宣伝物を中心に、制作資料企画書といった未公開資料などを含む貴重な資料の数々を展示。1985年のジブリ設立から30年間の汗と涙にまみれた歴史を紐解く。

    展示は、これまでのジブリ作品がどのように世に出て行ったのか、試行錯誤から生み出された宣伝方法を振り返る「ジブリの大博覧会展」、ジブリ作品のイメージの一つである“空への憧れ”を会場となる東京シティビューならではの天空の眺望を生かして表現した「スタジオジブリ 空とぶ飛行機展」、第69回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門への出品でも話題のジブリ最新作を紹介する「レッドタートル ある島の物語展」、限定グッズも販売される「物販ショップ」の四つのスペースで構成される。

    入場料は一般2,300円、高校・大学生1,700円、4歳~中学生1,100円、シニア(65歳以上)2,000円。

    http://www.cinematoday.jp/page/N0082543
    no title

    【ジブリの大博覧会六本木で開催!『風の谷のナウシカ』から最新作まで30年の歴史に迫る】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ◆cbcy1iqdJg@関連づけ夫ρφ ★ 2016/04/09(土) 00:18:57.37 ID:???
    harinezumi

    六本木のハリネズミカフェ、針に気をつけながら触れ合い楽しむ

    [東京 7日 ロイター] - 東京の六本木で、ハリネズミと遊べるカフェ「HARRY」が人気だ。
    店内にはさまざまな種類のハリネズミが20―30匹おり、ちょこちょこと歩いたり、
    ガラスケースの中でうたた寝をしている姿が訪れた人々を和ませている。

    スタッフは、扱いにくいと思われているハリネズミの魅力をもっと理解してもらいたかったといい、
    丸く縮こまっていた体を伸ばして顔をのぞかせた時が一番かわいい瞬間だと語る。

    来客者は針に気をつけながらそっと抱き上げたりと、触れ合いを楽しんでいる。
    英国から来たというアナ・チュンさん(11)は
    「針を立てる子もいるかもしれないが、みんなフレンドリーだった」と話した。

    利用料金は平日が30分1000円土日祝日が1300円

    http://jp.reuters.com/article/harry-idJPKCN0X409H
    http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?

    【【話題】六本木のハリネズミカフェ、針に気をつけながら触れ合い楽しむ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/10(木) 18:01:28.87 ID:CAP_USER.net
    http://news.mynavi.jp/news/2015/12/08/521/

    no title

    チキン・プラネットは12月9日、フライドチキン専門店「Kyochon(キョチョン)」日本1号店を東京都・六本木にオープンする。 同店は1991年に韓国で誕生し、現在は韓国国内に加え、米国、東南アジア各国に1,000店舗超を展開している。

    チキンは揚げたての食感を味わってもらうために、オーダーが入ってから調理を開始。
    一度揚げた余分な衣と油を落とした後、二度揚げすることでカリカリの新食感を実現している。
    味つけは、「キョチョンオリジナルシリーズ」「キョチョンハニーシリーズ」「キョチョンレッドシリーズ」「キョチョンサルサルシリーズ」の4種類。

    一番人気の醤油&ガーリックソース「オリジナル」
    キョチョンオリジナルシリーズは、韓国を含む海外店舗でも断トツの一番人気だそう。
    醤油とガーリックのきいた秘伝のオリジナルソースを使用しており、食べた瞬間ガーリックの風味が広がる。

    ハチミツのほのかな甘みとやわらか衣「ハニー」

    キョチョンハニーシリーズには、ハチミツベースに醤油フレーバーのソースを使用。
    ハチミツのほのかな甘みとやわらかく分厚い衣がぴったりマッチし、鶏肉の味わいを引き立てる。

    唐辛子でスパイシーに「レッド」

    キョチョンレッドシリーズには韓国産チョンヤン唐辛子が使用されており、 想像以上にスパイシー。韓国では二番人気。よりいっそうビールがすすむ一品だ。

    以上3種のシリーズは、カリッとした食感の「ウイング」(手羽)と、ジューシーな肉のうまみが味わえる 「ドラムスティック」(もも)の2種類から選ぶ。揚がったチキン一つずつに、ハケでソースをまんべんなく塗って仕上げるのも特徴だ。

    価格は各シリーズともに、ウイングがL(18ピース)1,900円、M(9ピース)1,000円、 S(5ピース)640円、ドラムスティックがL(6ピース)1,800円、M(4ピース)1,200円、S(2ピース)640円。

    サクサク食感でソースが選べる「サルサル」 キョチョンサルサルシリーズは、ほそく切ったむね肉に衣をつけて揚げている。 ライスフラワー(米粉)をまとったサクサクとした食感で、3種のソース「ハニーマスタード」「ジャンバラヤ」「レッド」を自分でつけて食べる。

    no title

    比較的早く提供されるので、このシリーズを先にオーダーして食べながら他の味のチキンを待つのが 定番スタイルなのだという。価格はL(10ピース)1,400円、M(5ピース)750円。Mサイズにはいずれか1種類、Lサイズには3種類のソースが付く。

    同店のコンセプトの一つが、フライドチキンとビールのコンビネーションを楽しむ"チキン&ビール"。 「アサヒスーパードライエクストラコールド」(680円)、「アサヒスーパードライ」(580円)もいっしょにいただきたいところだ 。韓国では「チーメック」(チキンを飲みながらビールを飲む)という言葉があるほど、人気の組み合わせなのだそう。

    そのほか、さっぱりと口直しできる「大根ピクルス」(280円)や、「炭焼きダッカルビ」(1,680円)、 「チキンとトッポギの特製醤油ソース炒め」(750円)、「チキンプルコギライス」(920円)など、 メインのフライドチキンのほかに20種ほどのメニューを用意している。また昼の時間帯(11時~14時半LO)には、 ランチセット(炭焼きダッカルビプレート、炭焼きチリダッカルビプレート、チキンヌードルとプルコギライス/各1,200円)も提供予定。

    【【マジで】六本木に韓国発フライドチキン専門店が日本初上陸。サクサク食感でビールとの相性抜群!】の続きを読む

    このページのトップヘ