奈良

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2018/07/10(火) 14:06:06.96 ID:CAP_USER9
    no title

     ◇ならまちに開館

    動物の排せつ物を食べる糞虫ふんちゅうと呼ばれるコガネムシを観賞できる「ならまち糞虫館」(奈良市南城戸町)が8日、オープン。1階では、フンをかたどった球体の模型に複数のコガネムシを虫ピンで刺して展示し、国内外約100種類を「宝石」のように紹介している。

    同館を訪れた奈良市の薬剤師西慶子さん(58)は「こんなきれいな虫が見えないところでフンを掃除してくれているなんて感動」と驚いていた。

    2年前に農林中央金庫を退職し、私財を投じて開設した同市の中村圭一さん(54)は「多くの人の応援があってここまでできた。糞虫の見た目や自然への役割を知ってもらい、おもしろい虫だと感じてほしい」と話した。

    開館は土、日曜の午後1~6時。入館料300円。問い合わせは、メール(nkmr0071@gmail.com)。

    2018年07月10日
    YOMIURI ONLINE
    https://www.yomiuri.co.jp/local/nara/news/20180709-OYTNT50282.html

    【【糞】中村さんが私財を投じて「ならまち糞虫館」をオープン!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2018/05/08(火) 16:46:22.79 ID:G1+YPRW50● BE:565421181-PLT(13000)
    no title

    なおこちらのお店、余り目立つように書いて良いのかわからないが、実は、こんな取り組みをしている。

    経済的に困窮している、子供がいる家庭向けに、「どうか気にせずにウチでお腹いっぱいに食べさせてあげて下さい。お代金は出世払いで結構です。」という無料食堂だ。

    商売としてこんな取り組みをしているお店、とんかつ屋は初めてである。

    詳細  https://ikomap.net/archives/4734

    【豚カツ屋の貼り紙が話題に「お代は出世払いで結構です…」 】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/11/29(水) 23:39:15.79 ID:CAP_USER9

    本格的な寒さが身に染みる時期になりました。しかし、寒いのは人間だけではありません。
    動物だってぬくぬくしたい!そんな様子がわかる写真がTwitterで話題になりました。

    それがこちら。

    no title

    no title

    『 カンビ(関西美術印刷)
    @comic_kanbi
    寒いですね。
    用事の途中で見かけましたが行きも帰りもこんな状態でした。

    奈良では寒いと鹿が枯葉に包まるみたいです。
    9:11 - 2017年11月24日 』

    まるで落ち葉のコタツに入っているかのような包まれ具合の鹿。「ここから出たくない」と言っているようなうっとりとした表情になってます(笑)。

    またカンビさんの他にも、奈良の同じ鹿を目撃した方がいたようです!

    no title

    no title

    『 どすこいうさぎ
    @dosukoiusagi
    返信先: @comic_kanbi @aeijmnoostさん
    この鹿さん、私も昨日見かけました。
    人間が口元に鹿せんべいを運んでくるのを口を開けて待っておられました
    23:27 - 2017年11月24日 』

    もはやコタツから出られなくなった時の我々人間と完全に一致。やっぱり寒い季節のぬくぬくは冬の醍醐味ですよね!

    ※ 全文は記事でご覧下さい。

    天才的な発想!奈良県のシカが「枯葉ゴタツ」の開発に無事成功する 
    2017/11/28 
    https://curazy.com/archives/196550 

    【【話題】天才的な発想!奈良県のシカが「枯葉ゴタツ」の開発に無事成功するwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/05/26(金) 22:43:51.84 ID:CAP_USER
    kangoku-hoteru2

    刑務所の建物を生かした「監獄ホテル」が全国で初めて誕生する。法務省が26日、老朽化のため3月末で閉鎖された奈良少年刑務所(奈良市)の改修と運営を、ホテル運営会社などの企業グループに委託した、と発表した。同グループは2020年度の開業を目指す。

    同刑務所は1908(明治41)年に建てられた。赤れんが造りと看守所から放射状に延びる収容棟が特徴で、今年2月に国の重要文化財に指定された。

    委託が決まったのはホテル運営会社「ソラーレホテルズアンドリゾーツ」(東京都港区)を代表とする企業グループ。建物に鉄筋を挿入するなどして、外観を損なわずに耐震補強をする。

    旧収容棟は「文化財ホテル」(約150室)とし、5平方メートルの独房を3室分あわせて客室にする計画だ。併設されている病棟も、より低価格で泊まれる宿泊施設(定員約60人)に改装。10万平方メートルを超える敷地内にはホテル(約80室)やレストラン、温浴施設などを新設するという。

    また、日本の刑務所の歴史などを知ることができる「史料館」も2019年10月に開館させる予定。(小松隆次郎)

    詳細 http://www.asahi.com/articles/ASK5V55P6K5VUTIL027.html 

    kangoku-hoteru1

    kangoku-hoteru3

    kangoku-hoteru4

    【【全国初】「監獄ホテル」誕生へ!閉鎖の奈良少年刑務所活用】の続きを読む

    このページのトップヘ