宮城

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/09/23(土) 09:37:59.79 ID:POyALgHQ0 BE:736790738-PLT(12000) ポイント特典
    no title

    東北道長者原SA(下り)の本格コーヒーソフトが大人気!

    ドライブの途中、ついつい寄り道したくなるSA・PA。今回は東北道長者原SA(下り)から、人気のスイーツ2品を紹介。旅の思い出に味わってみよう!SA・PA Break Time「長者原SA(下り)」

    きになるトマト デリシャスとまとジュエリー」(6個入り) 700円
    宮城県大崎市鹿島台産の「玉光デリシャストマト」で作ったゼリー。凝縮された自然のおいしさがそのまま楽しめる。

    ダイドーブレンドプレミアムコーヒーソフトクリーム」 500円
    「ダイドーブレンドコーヒー」を使用した、ダイドードリンコ株式会社とのコラボ商品。コーヒー本来の味と香りが口いっぱいに広がり、子供にも大人にも大好評。大人味のコーヒーソフトをぜひご賞味あれ。
      
    詳細 https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12207-115412/

    【夜のサービスエリアでダイドードリンコとコラボしたコーヒー味のご当地ソフトクリーム】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/05/23(火) 14:58:04.67 ID:CAP_USER9
    ryoushi

    石巻に拠点を置く一般社団法人フィッシャーマン・ジャパンが現在、漁師からモーニングコールが届くサービスFISHERMAN CALL(フィッシャーマン・コール)」の利用希望者を募集している。

    今回の企画は石巻市が主催。早朝から海で働く漁師の強みを生かしたもので、地元石巻でワカメ・カキ・ホヤなど漁業に携わる5人の漁師の中から1人を選び、起きたい時間、その理由をサイトで入力し申し込む。当選者には設定日時に漁師からモーニングコールが届く仕組み。

    今回のサービスは石巻市、宮城県漁協、フィッシャーマン・ジャパンによる水産業の未来のための育成事業の一環。普段、若者と漁師が接する機会が少ない点に着目し、漁師と交流を持つことで新たに関心を持ってもらうことを目的としている。

    同法人は「漁師をカッコよく」をコンセプトに次世代へと続く未来への水産業の形を提案していく若手漁師集団で2014年に設立、これまでの漁師イメージとは異なる「カッコよくて、稼げて、革新的」という「新3K」を活動理念に掲げ水産業に携わる「フィッシャーマン」を2024年までに1000人増やすことをビジョンに掲げている。

    同事務局広報の安達日向子さんは「発表から1000件以上の応募があり、1:5ぐらいの割合で女性からの応募が多い。20代の応募が多く、日本全国から申し込みがある。就活の面接日やテストなどの勝負の日の朝に起こしてほしいという理由が多く、中には息子を起こしてほしいという母親からの応募も。「朝から漁師に起こしてもらったら恋に落ちそう」というネットの反応も出ているので、もしかすると漁師のお嫁さんを募集する可能性も」と話す。

    応募期間は5月31日まで。

    詳細  https://ishinomaki.keizai.biz/phone/headline.php?id=371

    【【朝革命】漁師からモーニングコールが届く!早朝から働く強み生かし新サービス】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/02/21(火) 09:20:57.48 ID:CAP_USER
    no title

    no title

    10年以上前に閉園し“廃墟”となった遊園地「化女沼(けじょぬま)レジャーランド」(宮城県大崎市)。2017年1月には初の「廃墟テーマパーク」として開業するプロジェクトが始動していたが、同月末に企画の中止が発表された(関連記事)。

    プロジェクトでは企画者のshoukaku(@redwing_j)さんが、クラウドファンディングにて購入金額5億円のうち不足分の1億2000万円を目標金額として設定していた。

    開業に成功した場合には、敷地内にある温泉を利用しつつ「廃墟ツアー」などを開催する予定だったが、「メディア等でも取り上げられ各企業との交渉も進め、自身もこれからと意気込んでおりましたが、後藤社長(※同施設の所有者)もどうすることも出来ず土地の売買契約が別で進んでしまい、残念ながら断念せざるを得ない状況となりました」と、実現できなくなった経緯を話している。

    また以前に後藤社長から依頼を受け、同施設の引き取り手を募集していた(関連記事)廃墟マニアでTwitterユーザーのよごれん(@yogoren)さんも「今月末を目処に後藤社長から所有が他社へ移ることになりました」「不本意な形での最後となってしまいました」と事態を報告。

    施設は間もなく売却の見通しで、今後は見学・撮影等はできなくなる

    詳細 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1702/20/news094.html  

    【【悲報】「化女沼レジャーランド」の廃墟テーマパーク化が中止に…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2016/12/30(金)22:49:22 ID:6nW
    新潟県からスタートで出発は31日の朝から
    ちょうど一年前に鈍行列車で日本最南端の駅まで行ったので
    今回は本州最北端の駅を目指してブラブラします

    【鈍行列車で日本縦断ブラリ旅してきた】の続きを読む

    このページのトップヘ