神奈川

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/09/28(木) 11:49:00.83 ID:p039d8bP0 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
    amazon1800

    勤務地 神奈川県小田原市扇町4-5-1
    amazon小田原物流センター
    ≫小田原・平塚・鴨宮・新松田駅~無料送迎バス運行中!
    ★自転車・バイク通勤OK(夜勤は車OK)

    小田原・鴨宮・新松田・国府津・松田・井細田・足柄・
    五百羅漢・緑町・二宮などから通勤するstaffも在籍♪
    平塚・茅ヶ崎・箱根エリアの方も多数活躍中!
    ※横浜・川崎周辺etc.その他全国にお仕事多数ご用意!!

    ★特典1…時給500円UP中(10/1-12/25)
    ★特典2…出勤手当毎週1万円支給(特定期間 ※規定有)
    ★驚きの高時給★
    ★12/16迄に入職
    ★週40h以上勤務・夜勤の方        …時給1875円/22-翌5時、1600円/左記以外
    ★週30h以上勤務、かつ夜勤の方       …時給1813円/22-翌5時、1550円/左記以外
    ★週20h以上勤務、かつ日勤・夜勤の方   …時給1713円/22-翌5時、1470円/左記以外

    詳細  https://www.froma.com/detail/clc_3414949036/RQ49539525/

    【コストコに激震!Amazonが「時給1875円+毎週1万円」でアルバイト募集】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/07/01(土) 10:17:44.57 ID:CAP_USER
    「横浜の横浜です」

    出身を聞かれたらそう答える、と教えてくれたのは30代の男性。昨年実家を出るまで、生まれも育ちも横浜。実家は横浜駅から徒歩圏内だという。男性によれば、「マジのハマっ子と言えるのは、横浜駅に歩いていける人だと思います」。冒頭の「横浜の横浜」は、「横浜(市内)の横浜(駅周辺)」の意味なのだ。

    お酒を飲むことが好きで「裏横の飲み屋コミュニティが自分の生活の中心」と話す男性にとって、「地元」とはこのエリアのことを指しているようだ。「裏横」こと裏横浜とは横浜駅東口の高島・平沼・戸部エリアのことで、小ぢんまりとした個性あふれる店がそろう。裏原宿、奥渋谷などの横浜版と考えればいいだろう。

    同じ横浜市でも区を隔てればまったく別の場所、という認識だが、これは何もこの男性に限った話ではない。

    横浜には全部で18の区がある。「ザ・横浜」として思い浮かべるような観光の人気スポット、山下公園や中華街、赤レンガ倉庫などがあるのが中区。近年急激な再開発が進んだみなとみらい21は中区と西区にまたがっている。この2つの区が上位にくるのは間違いないようだが、そこから先はさまざまな主張がある。「横浜カースト」と検索してみれば、格付け争いの一部を垣間見ることができるだろう。

    no title

    神奈川はその広さと人口の多さからか、県のくくりよりも市区町村ごとのアイデンティティのほうが確立していると言われる。横浜の人と川崎の人は「地元が一緒」とは、つゆほども思っていないし、横浜市内でも中区と青葉区では完全に別エリアと言えるほどの隔たりがある。

    観光スポットが集中する中区を頂点としたヒエラルキー

    横浜ヒエラルキーのトップに君臨する中区に住む人は、どんなプライドを持っているのか。中区でも「別格」とされるのが高級住宅街・山手だ。山手のカトリック教会の幼稚園に通っていたという40代の女性が話す。

    「父もハマっ子で、両親の結婚式は、ホテルニューグランド(※昭和2年創業のクラシックホテル。横浜の歴史を伝えるシンボルと言われる)でした。当時はデイリークイーンというソフトクリーム屋さんとか、ジャーマンベーカリーというパン屋さんがありました。幼稚園の帰りにユニオン(高級スーパー)でかわいいお菓子を買ってもらって嬉しかったのを覚えています」

    異文化と歴史が残る元町の雰囲気が好きで、記憶に残っているという。一方で、当時の横浜の雰囲気が今は消えつつある、とも指摘する。

    「今の横浜は、観光地部分が異様に発達してどこかアンバランスな感じがします。置いてきぼりになったところに、目が向けられていない。ニューヨークではなくアラバマやオクラホマにアメリカの本質があるように、瀬谷区とかに横浜の本質があるのかも」

    神奈川県中央部の緑が多い住宅地・瀬谷区に横浜の本質…?県外出身者にはよく分からないが、「本質」という言葉を使うほど地元のイメージに対して強い思いがあるように筆者は感じた。

    以下ソース
    http://diamond.jp/articles/-/133595

    【地域】神奈川県民が気にする「横浜カースト」とは何か [無断転載禁止]?2ch.net
    http://egg.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1498745759/

    【神奈川県民が気にする「横浜カースト」とは何か】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/06/29(木) 19:48:54.35 ID:CAP_USER
    hand-cafe

    京都発の日本独自のプレミアムアイスブランド「HANDELS VAGEN(ハンデルスベーゲン)」を運営するフレックス株式会社は、新業態の「HANDEL’S CAFE(ハンデルス カフェ)横浜ポルタ店」を7月12日(水)にOPENする。同店は、新しいカフェの楽しみ方の提案として「月額飲み放題システム」の導入にも挑戦。横浜で働く人たちへ、気軽にもっと休憩を楽しむ体験への挑戦を行う。

    会員証を見せれば「いつもタダで飲める」幸せを

    「お茶したいな」とふと思った時、どうしても気になるのが「お茶代」。大都市では、ふとした瞬間に利用できるカフェのインフラが充実した一方、日常の中に「お茶代」という出費が増えている。特にコーヒー好きな人にとっては、この「お茶代」は大切な時間への投資とわかりつつも、抑えたいと思っている方が多いのが現実だ。この「お茶代」に対して、同店は月額制飲み放題会員という方法を使い、「何も気にせずカフェを利用できる」に挑戦する。

    月額制飲み放題「エンジョイWORK!FREE DRINK MEMBERS」の会員になると本格コーヒー、ラテ、カプチーノ、紅茶、ロイヤルミルクティーなど9種類のドリンクが1ヶ月飲み放題。もちろん、お持ち帰りも可能となる。

    期間限定で会費が月額3600円に。メンバーの募集も

    「エンジョイWORK!FREE DRINK MEMBERS」の月額会費は通常5800円のところ、OPEN記念として期間限定で月額会費\3600で利用可能となる。1日缶コーヒー1本分で、いつでも気軽にお茶代を気にせずカフェの利用が可能となり、3日に1回利用するだけでもお得な価格となっている。

    詳細  https://news.walkerplus.com/article/113391/

    【革新的すぎるカフェ誕生!月額5800円で飲み放題!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2017/06/29(木) 07:06:04.03 ID:p2iTuGC50● BE:512899213-PLT(27000) ポイント特典
    no title

    タクシー会社・三和交通による、毎年大人気の「タクシーで行く、心霊スポット巡礼ツアー」が今年も期間限定で運行されます。7月23日~8月28日の間の運行となります。 

    今年は元祖、本家、宗家、本舗と銘を打ち、昨年の「横浜(新横浜)」、「多魔(八王子)」に加え、昨年まではやさしめの内容だった「東京怪談名所ツアー」が心霊コース「凍京(東京)」に変更に。さらに新エリア「不死身野(埼玉)」が追加になりました。全7コースの心霊コースとして、周辺のメジャースポットからマイナースポットまでを乗務社員がタクシーで案内してくれます。

    「心霊スポット巡礼ツアー2017」の予約は抽選。専用サイトのカウントダウンがゼロになると同時に予約が開始されます(7月1日午前10時)。抽選の結果については7月14日のニコ生の三和交通チャンネルにて発表を予定。昨年に比べ運行回数は若干少なくなるものの、その内容は昨年からパワーアップしているということです。わー、楽しみだなー(顔面蒼白)。

    筆者は去年実際に乗車しましたが(関連記事)、同乗した友人は筆者に聞こえない物音(足音)を聞いていたし、後で調べたところネットで「ガチで行ってはいけない」とされている心霊スポットばかりで帰ってからも冷や汗をかきました。使用するタクシーはきちんとお祓いをしていたり、最後に清めの塩をくれたりと運行の安全には万全を期していますが、くれぐれも霊感の強い方は参加を控えてくださいね……。

    そーす
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1706/21/news156.html
    本家サイト
    http://www.sanwakoutsu.co.jp/special/2017summer/index.html

    去年の当ツアーを紹介した動画
    https://www.youtube.com/watch?v=kqPM-wyWnxQ


    【怖さもパワーアップ!タクシーで行く「心霊スポット巡礼ツアー」が今年も運行】の続きを読む

    このページのトップヘ