関東

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    kantouhikkoshi-dame2019

    odekake-no-susume-tittle3

     まぁ…なんの資料か知らんけど
     あくまで参考までにしとってな
     怖い街のイメージあるかもしれんけど
     みんなのコメントもかしっかり読んで
     自分の目で確かめてみてな
     ほな バイバイちゅんやでぇ〜♪

    pe-yan

    ツイッターではサイトで紹介できなかった
    全国のイベント情報を紹介しているのでフォロー宜しくね♪


    【【大悲報】住んではいけない街ランキングが発表されてしまう…】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名も無き★チャンス!アベニュー 2018/05/28(月) 23:51:36.92 ID:YVSUtpUL0● BE:472367308-PLT(16000)
    no title

    no title

    関東地方に住む普通の天下一品マニアやラーメン評論家は、高円寺店や神楽坂店を絶賛する傾向にあるという。

    その理由はシンプルで、その2店舗が天下一品本部の直営店だからである。確かにその2店舗は特に美味しいし、伝統の味をしっかりと堪能できる良い店だ。

    ・真の天下一品マニアの間で絶大な支持
    しかしながら「真の天下一品マニア」は、その2店舗ではなく違う店に通っている事実がある。そう、五反田店が真の天下一品マニアの間で絶大な支持を得ているのである。それにはしっかりとした、誰にでもすぐに理解できる理由がある。

    ・五反田店のスープが超こってりだと評判
    五反田店が絶賛されている理由はひとつ、「他店よりもスープが濃厚」だというのだ。

    事実、インターネット上に書かれているレビューを読んでも、五反田店のスープが超こってりだと評判であり、複数の人たちがあえて「五反田店」に出向いている。

    (以下略)

    全文と写真は以下ソース
    http://buzz-plus.com/article/2018/05/26/tenka-ippin-kotteri/


    【【極上グルメ】天下一品マニアが絶賛する関東最強店はここだ!!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/07(日) 10:03:56.09 ID:CAP_USER.net
    fukuzatsu

    http://toyokeizai.net/articles/-/102587

    前回(知っていると便利!都心で使える乗換駅10選)は、知っておくと便利な乗換駅、
    名前は違うが隣接している駅を東京都心部について紹介した。今回は逆に、名前は同じでも乗り換えに 不便な離れた場所にある駅、同じ駅でもかなり歩かないと乗り換えられない路線をピックアップしてみた。

    1)「浅草駅」を名乗ってはいるけれど……
    浅草駅というと、隅田川に架かる吾妻橋の近くに東武鉄道のターミナル浅草駅、地下鉄銀座線の浅草駅、 都営浅草線の浅草駅が隣接している。都営線の駅はやや南に離れているけれど、まあ許容範囲であろう。

    ところで、浅草駅というのは、もうひとつある。それは、2005年に開業したつくばエクスプレス(TX)の浅草駅だ。 しかし、前述した3つの浅草駅とはかなり離れていて、国際通りの浅草ビューホテルや浅草ROXに隣接した場所にある。 ほかの浅草駅からは徒歩で7~8分。雷門通りを西に進み、突きあたりを北上する。

    TXの駅は、工事中は新浅草駅と仮称されていたのに、地元の要望で浅草駅となったとのことである。
    しかし、ただの浅草駅ではちょっと紛らわしい。なお、TXと銀座線の乗り換えは、銀座線田原町で行ったほうが近いし、 道も国際通りを南北に行き来するだけなのでわかりやすい。

    2)迷わず歩いて10分超、都電と東西線の早稲田駅
    「都の西北」早稲田大学の最寄り駅は早稲田駅。東京メトロ東西線と都電荒川線の駅がある。しかし、これも全然違うところにあり、 知らないと乗り換えできない。

    東西線から都電の電停に向かうには、早稲田大学の大隈講堂を目指し、その前を通って北西にある商店街を突っ切り、 新目白通りに出れば、西の方向に電停が見つかるだろう。道に迷わず歩いてたっぷり10分かかる。

    東西線の都心寄りから雑司ヶ谷付近を目指すには、東京メトロ副都心線も利用したいところだが、
    こちらは東西線と交差しているものの乗換駅はなく、いちばん近い西早稲田駅へは徒歩で12~3分。都心部の鉄道ネットワークの盲点である。

    3)地上をかなり歩く大江戸線・JR両国駅
    後から開業した新しい路線ということもあり、都営大江戸線の駅は地下深いところにあったり、他線との乗り換えが不便な駅が いくつかある。その中でも両国駅は、乗り換えのしづらい駅のひとつだろう。

    大江戸線両国駅とJR総武線両国駅は、最短の出入り口同士でも400mあまり離れている。大江戸線の駅からだと、地上に出て、 清澄通り沿いに南下すると、すぐに総武線のガードが見えてくる。それをくぐり、すぐに高架沿いの道を西へ進めば JR両国駅東口がある。順調に歩いて4分程度であろう。

    もし、メインの西口へ行きたければ、さらに2~3分歩かなければならない。なお、西口と大江戸線の駅を連絡するルートとしては、 国技館の南を通り、江戸東京博物館の建物内を通り抜ける行き方もあり、こちらのほうが、若干歩きやすいかもしれない。

    4)地下鉄同士でも地上乗り換えの大江戸線・浅草線蔵前駅
    両国駅の北隣に位置する大江戸線の蔵前駅も乗り換えがしづらい駅だ。同じ都営地下鉄の浅草線蔵前駅と接続しているのだが、 ちょっと離れた位置にあるため地下でつながっておらず、通りを歩いての乗り換えとなる。 案内看板が出ているので迷うことはないだろうが、最短の出入り口同士で200mほど離れていて、 雨など天候がよくない日はうんざりしそうだ。とくに、大江戸線と浅草線の西馬込方面ホームとの乗り換えは、 江戸通りを渡る必要があるため、信号待ちなどを含めると、さらに面倒である。

    浅草線のホームを移動して地下で乗り換えできるようにする計画もあるが、具体的に工事を行う予定はまだない。 なお、地下鉄の同名駅で地上乗り換えとなっているのは、同じ大江戸線の本郷三丁目駅もそうで、丸の内線の駅とは地下ではつながっていない。

    【【知っておこう】同じ駅名でも遠い!乗り換えが大変な駅10選】の続きを読む

    このページのトップヘ